500円から投資中。

30代の非正規社員の適当日記です。投信積立と現物株、観劇などマニアな趣味も時々かたります。

寄席・都内4席に行ってみた感想です。

先月で、寄席の定席4箇所を制覇したので感想です。

(※超・個人的感想なので、「違う」と思われた方はごめんなさい。また私は客席の音やマナーに神経質なので、その辺りの細かい記述にはご容赦お願いします)

書いている本人は、今は、職探しと、これまでの疲労が一気に溜まって外出意欲が急に減ってしまい、アマゾンプライムで映画を見るのが日常になりそうですが・・

出かけるにしても映画の方が、費用が安く、心身カラッポでいられるので、寄席はボチボチ、息抜きがてら行こうと思っています。

 

浅草演芸ホール

・何でもアリ。観光地であり団体客が多かったり、某新聞の招待券の客が多かったりで、マナーや客質は昼夜通じてカオスまたはデンジャラス。夜の遅い時間帯(18~19時以降)なら、多少は落ち着きますが、酔っぱらいの遭遇率も高い。

・観る分には敷居は低く、神経質にならなければ気楽。出演者が多く、演目もバラエティに富んでいて楽しいです。

・アルコール含む、飲食OKなので酔っ払いとアルコールの匂いが苦手な人は注意。

・昼夜入れ替えなしなので、好きな時間に行って帰ることがしやすい。夜割も公式にあり、工夫次第でコスパよく見れます。

新宿末廣亭

・浅草をとても快適にした感じ。アルコール禁止なので、酔っ払いは基本的にいないです(飲酒後に入場したと思われる人を見かけたことはあります)

・演者さんの持ち時間が短いので、軽いネタが多いです。

・桟敷席がイイ雰囲気。ただ桟敷に座る人は、くつろぐ(それ自体はいいんですが)弁当ガサガサとか、椅子席にいると、端の席でも多少は気になります。自分が桟敷に座る場合は、足のしびれ等に覚悟。物音マナーに注意。

・客席は若い人も多く、子どもがいると、ネタものんびりした感じの時もあり、初心者におすすめ。マジックで子どもが手伝うと、大体面白くなる(笑

鈴本演芸場

・きっちり落語が聞ける。

・会場の清潔感は一番。

・場所が近い浅草との、客の住み分けがされている感じもあって、デンジャラスな空気は少ない。(場所が近いので浅草っぽい客もいる。見事に空気を壊すケースもあり)

・昼夜入れ替えがあるので、ただ居座ってる謎っぽい雰囲気の人は少ない

・昼夜入れ替えがあるので、好きな出入りは不可。昼トリ~夜の仲入り前に帰る、とかフレックスな計画は立てられません。

・アルコール込みで飲食OK、各席にテーブル付きなので、匂いでツライ思いをすることもあります。(浅草なら許せても、鈴本だと精神的ダメージがでかく感じることもあり)

落語協会のみの定席なので、芸術協会の演者さんは出演なし(笑点メンバーの寄席を期待しても全員揃う可能性はナシ)

池袋演芸場

・きっちり落語が聞ける。

・客席数の少なさ(90)、地下2階という場所もあって、初心者向けではない。

・ライブ感が好きならたまらない。逆に、気楽に見たいなら、演者との距離が近すぎて、疲れてたり眠い時は、体力を消耗する。自分には合わない演者さんなのに、周囲が盛り上がってると、ツライことも。。

・ライブ感が他の3箇所とは桁ちがいに大きい。演者と客席が盛り上がったときの一体感と高揚感は半端ない。(その逆もあり。ひたすら疲労感をともなう時もあります)

・飲食OKでアルコールは禁止だが、席がテーブル付き(各席の密着度も高い)のため、飲食する人も多い。客席の照明が明るく、舞台とも同じ明るさなので、隣の人の飲食が気になる時もある。演者からも丸見え。(いじられる人もいる)

・客層が、常連っぽい方々や、演者のファンが多そうな日は初心者には微妙な居心地のときも。またマニア向けの寄席なのに、単なる観光風味の客がきて、傍若無人に振舞うと、席移動では対処できず、台無しになる。係員の人の注意を期待しつつ、運が悪かったと、あきらめる場合多々。ただ池袋は、迷惑客に注意してくれる客もいて(他の3箇所より多い)、その場合は胸がすっとします。(公共の場と自宅の区別が付かない高齢系の複数客を常連(と思われる)の一人客のおじさんがビシッと注意するとか。注意後も、また騒ぎ出すケースもあって、どうしようもない日もある)

・入れ替えなしの途中外出可(荷物置いて長時間はNG)なので、食事などで外に出られる(常識の範囲で)

わたしの行きやすい(≠好き)順は

鈴本、末廣、浅草、池袋、、です。

とはいっても、演者さんが誰か、とその日の客層で、全然感じが違います。

鈴本で酔っ払いや、異様に笑って邪魔な客が近くにいるよりは、浅草で一固まりでざわつく団体客のほうが許せる場合もあります。団体客は、数時間で一気に帰る場合もあって「どこかで帰るだろうしガマンするか」と期待が持てますが、鈴本は途中で帰る客は少なく、昼席で早い時間から混んでて、カオス濃度が高いときは、周囲の音だけカットする耳栓が本気で欲しくなります。。

あとアルコール。場所柄、禁止推進を!とは言いません。(でも酔っぱらいがサゲをつぶやいたり、変な相づちを普通のシーンで入れたりすると、どくさいスイッチを速攻押すか、石ころ帽子をそいつに載せてやりたくなります。)寄席に限った話じゃないですが、飲酒率は減ってる割に、飲む人が人目を昔より気にしなくなったと思うこのごろ。

まあでも、一度は休日にフラっと立ち寄るのに、いい場所です!