500円から投資中。

30代貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

親子とか家族ってめんどくさい

仕事をやめたことを、親に話したら。

はい、後悔しきりです。

「このご時世、残業は多少はガマンしなければ、あんたの根性が足りなかったのでは」

「で、次の就職活動の見通しはどうなの?明日からの計画は今からすぐはじめてるんでしょうね?」ねぎらいの言葉が数分ありましたが、あとは精神論と説教をかまされてしまった。ちゃんと、当分は貯金や保険で生活の見通しは立っているし、働く意欲がないわけでないとも説明したんですけどねぇ。数週間か1ヶ月は体を休めたいといったら、イヤな顔をされました。。

いざとなったら、頼る可能性(失業保険が切れたあともプーだったり、体調崩したらヘルプの電話をするとか)はないですね。。

もともと、親との関係は良くなかったので、ある程度の予想はしていたものの、なかなかつらいもんがある。

結婚してたとき、子どもを欲しいと思わなかったのは「親になる自信はないし、子どもを可愛がる自信もない」ってのが第一の理由だった。その思いは正しかった。

とにかく、自分を頼りに、しっかり一人で生きていくしかない。

 

株関連のニュースで気になるのは、そんなこともあって、大塚家具

現社長の経営手腕が一番のモンダイでしょうが、ワンマンの父のやり方がベストだった感じもしませんね~。私は結婚したとき、家具は無印で割り勘で買いましたが、結婚相手もとくにこだわりはなく、数時間であっさり決めた記憶があります。(離婚したときは、相手が「捨てるのはもったいないから使う」といい、私は記憶に残したくなかったので、その点では快諾、意見は一致しました(笑))いったので全部わたしました)結婚している知人が、10年以上前ですが、新婚家具はすべて大塚家具でそろえた、ってニコニコして話していたのが懐かしい。それ聞いた私も、当時は素直に、いいなあって思ったものです。しかし今は赤字決算もヤバイ(ってか存続できるんかな)し、家具って長く使うし、いろんな思い出の染み込むものだから、こんな経営状態の会社の家具じゃあイメージ的に買うのをためらうのが一般人の感覚でしょう。。(超爆安セールとかなら、かろうじて気にしないかもだけど)

年初最安値あたりを言ったりきたりし、ストップ高になったり。100株で5万以下だから、興味はしょーじきありました(反省)でもメンタル的にもギャンブル的にも、うっかり買うには分が悪すぎる。ただどの企業が救済に入るのか、どこも入らないのか、というところに興味はあります。

同族会社って、同族以外にはすごい無力感の漂いがちなケースが多いので、そこで働いている現スタッフもしんどいのではないか、、

って私がそんな余裕をかました感想を述べる資格はありませんが。

ただ同族会社じゃなきゃ、社長交代から3年かそこいらで、ここまで会社が傾くってことはなかなかないなあとおもった。悪気はなくても、公私の区別がつきにくくなりそう。

私が20代のころに、同族というか、コネで役員の親族がいる会社がありましたが、そのコネ社員の給料について、ありえない金額だとよく噂が流れていました。やってらんないよと、経理の社員が言っていました。そんなもんです。