500円から投資中。

30代の非正規社員の適当日記です。投信積立と現物株、観劇などマニアな趣味も時々かたります。

鑑賞時間の感じ方。芝居と寄席。

ある芝居を見て、1時間半で4,500円。期待していた割に、ぴんとこない内容で、もうちょっと長くしてストーリーを濃くするか、チケット代が安ければなぁと思った。

ある日、9時間寄席にいて、3,000円。夜のトリが目当。でも他に用事もなく、暑い日だったので涼みがてら昼の1時から居続ける。いやぁ背中と腰がいたかった。。食事は仲入り中に席でパンをかじる。疲れた(苦手な演者さんのときも)ときはトイレ行って置きチラシを眺めて時間つぶし。楽しい一日だったけど、中盤(3時あたり、5時すぎ)は、我に帰って、私何やってるんだろ、、と振り返る。

株で変なマイナスを出すよりは、精神衛生上も金額的にもダメージは小さいですが(笑

芝居が外れたとき、途中退席は勇気がいりますが(したことないけど)寄席だとできるので気楽。もちろん出し物の途中で退席は絶対しませんが。。大量の芸人さんが出てくる中で、ある演者さんのマクラを聞いてて「この人、**さん(知人で良くない記憶のある人)に似てる」ってことがあって、つらかったことがあります(笑 15分間、途方にくれる状況でした。芝居でたくさん役者が出てれば、苦手な人もいて普通ですが、寄席だと対面感度が高いので、緊張感がある!そもそも芝居の場合、役柄が入るので主演クラス以外の役者さん自体の好き嫌いは、そんなに関係ないですし。

15分でも1時間でも、やってる人や内容で、感じる時間が全然ちがう。仕事でやってることとか打ち合わせでも往々にしてそんなことがありますが。

数分で数万円のプラマイが動く株の板を見てると、別の恐怖もあります。マーケットボードのリアルタイム鑑賞(笑 平日に休みが取れて、一番よくない時間の使い方ですね。。あー暑さで頭がイカレ気味。

一つ、ホノボノとしたのは、浅草演芸ホールの夜の割引で、1800円でフラっと芸協の寄席に行って、すごい楽でいい夜でした(もちろん平日)。客席のゆったり感や力の抜けた感が楽だった。2,000円以下で、2時間くらいだと映画と変わらないし。平日、時間の目処が立つときはいい寄り道。次はいつ行けるかな、、

人生に迷ったときは、寄席でぼーっと座っていると「なんとかなるだろ」と思います。おすすめ。芝居は、ちょっと敷居が高いんだよね、って好きですが思います。興行の仕組み上、チケット代もどうしても高くなるのが痛い。妥当とわかっても、ある程度のクオリティの芝居は4,000円以上はする、ってのが私の感想。商業演劇になると、10,000円近くしますからね。。