500円から投資中。

30代貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

株安定、500円積立はサーバメンテ中でログイン不能中です。

浮かれているときは決断しない方がいい

 株関係の動きのチェックが甘かった今週。
運が良く、保有株も投信も回復しました。
でも、株に関連しそうな新しいニュースはなく、
世間では芸能やスポーツのニュースが大きく取り上げられてる感じがする。

疑い深い私は、もっと大事なニュースの隠れみのに
なってんじゃない?と考える。

株も為替も値動きが大きく、
金価格も5,000円超。
不動産も売れないのに、売りたい側の広告は必死。

自分の保有株と投信は、キープで続けます。
為替が跳ね上がったら、外国債券投信は、いったん部分解約したいところ。
あとは四季報をチェックして、ウォッチ銘柄の探索に明け暮れます。

客から言いたい、あの土下座騒動

 騒動中は別の芝居に燃えていたので(数日前の記事をご参照いただければ。。)騒動の名前だけ、ぼやーっとは知ってました。

開演直前の女優の降板、その他のゴタゴタ。などなど、少しウォッチしてましたが
お客への配慮が感じられない演出家・制作・演者サイドの空気がイヤーな感じがしました。(そもそもチケット代も強気の設定のような、、あのラインナップで5,000円以上では特定のファン以外、まず行かない。カーテンコールの涙のエピソードも共感できない。カーテンコール自体、よほど感動したお芝居以外は、それほど好きじゃないし)
自分が既にチケット持っている客だったら、払い戻ししてもらう選択がないことに腹が立つと思う。
野次馬根性で見に行くか、関わりたくないからお金返してほしい。
代役の方がいくら熱演して上手かったとしても、数日の練習で仕上げたものをお客に見せること自体がどうなのか。それに納得できず返金を求める客がいたら、その言い分は正しいと思う。(細かい事実や対応を知っている訳でなく、推測ですが。。)

私は以前、早くからチケットを買った芝居で、出演者(主演クラスの役ではない)のケガで一部公演中止に命中する憂き目にあったことがあります。
該当者は制作に電話の上、返金か、他公演への振替になるとHPには発表がありましたが、連絡しても「振替可能日は、この日とこの日ですがどうしますか?」くらいの事務的な感じで後味がよくなかったです。「申し訳ありません」的な謝罪もなかったし。。返金はスピーディだったことだけが、マシな記憶。

アートやクリエィティブ系の世界は、一般常識とは別の何かが動く世界なので、テレビもネットも騒がない方がいいと思った。厳しい稽古から素晴らしい芝居が出来上がることはあるはずだし。
でも、初日2日前に降板する役者が出る、ってことは自分が損するリスクを負ってでも、降板したい何かがあったんだろうな~と感じてならない。
まあ自分は、この騒動に関わった人が出る舞台は行かないです。

 

そういえば、ちょうど騒動と同時期にあった芝居をみていたので、

「携帯スマホの電源を切ってください」のお願いで「もし携帯が鳴ったら土下座してください、みんなにあやまってください」とにこやかに赤坂では昇太師匠がいい、客席は苦笑していました。ちゃんと切りました電源。鳴ったらこれは土下座じゃすまない(笑