500円から投資中。

30代バツイチ、貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

500円積立で、学んだこと。

500円積立をはじめて、4か月経ちました。

 

 学んだのは、余裕資金は普通預金で寝かせるより、何か手を打つのがいい。

※「余裕」資金であって、「生活」資金ではない。

インデックス投信を、4本×500円×4か月。

8,000円積立てました。今日の価格は計8,209円。

国内株式、国内債券、外国株式、外国債券。

合わせて4分割で、2.6%のプラス。

銀行預金(例・UFJ普通預金0.001%)に比べれば好成績。

何より、寝かせておかず日々動くものなので、株価や経済を意識することになり

脳みそにもプラスがいっぱい。

 

そして、もう一つ学んだのは、「待つ」こと。

 

私は、別の口座で、投信と現物株をやってます。

(ブログでもたまに触れていますが)

こっちは一喜一憂が激しく、特に現物は含み損が続くとヘコみます。

投信も、売り急いで、ちょっと後悔したこともあります。

 

でも、500円積立は、ほったらかし。ブログの更新のために、

なるべく毎日、確認すべきな点はあるものの。

価格について動揺することもなく「育てよ我が子」くらいの

気持ちで見ています。

積立ベースが最小限かつインデックス投信だから、できる技です。

 あとは記録のため、ブログのため、経済状況やニュースにも気を配るので

アンテナが高くなった。

これは現物株、その他投信の売買にも役立っています。

 

あとは、投信も株も、個人ひとりでできることが良い。

例えば、含み損を抱えても、「自分の見る目がなかった」と納得できますが。

会社の仕事だと、他人のミスを被って評価が下がったり

ややこしい人間関係に巻き込まれて疲弊したり。。

 

年間で収支10万円は出したいな~~と、

6月も終わり、2017年も半分を過ぎて思います。

7月以降、どうなるかな。。

 

現物株は5本中、1本は-5,000円位で推移。

残りは、+数千円~横ばいで、トータルは勝っています。

日本株の天井が、いつ来るのか。

土曜だけ、日経新聞を買うので(平日は読む暇もないし、月買いは高い)

これからじっくり読みます。

あと四季報も、週末にかけて、赤ボールペンを片手に、有望銘柄探し♪

 

勤め先の毎日が、ちょっと低調なので、趣味に心の軸足をシフト中。

 

積ん読で本棚にあった

「猫と庄造と二人のおんな」谷崎潤一郎 を最近読みました。

昭和11年に書かれたとは思えない、面白さ。

猫中心に、憎めないけどダメダメ夫・今の妻・前の妻の心理状況が描かれる。

でもあくまで、話の中心にいるのは猫。

癖のある、妻、元妻も、猫(メス)にヤキモキ。

ダメダメ夫も、猫ラブで張り切っているけど

クールな猫に最後はあっさり振られる(と私は解釈)

そのあと「細雪」も読みましたが、長いけど面白かった。

読むことって、絶対大事ですね。

小説の何気ない描写で、自分の過去にあったことが連想されたり、

見たことがある風景がハッと頭の中に蘇ったり。

映像だと、個人の思い出を想像して思い出すことが難しいので

活字のパワーはやはり最強です。

 

(また投資の話から、趣味に移っておりました。)