500円から投資中。

30代貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

休日は休息以外には掃除します。ゴミ屋敷整理を見た記憶から。。

部屋の掃除はまめにして、ゴミ部屋防止策。

10年ほど前に、当時住んでいたマンション内で、

ゴミ屋敷清掃業者が作業しているのを目撃したことがあります。

外廊下タイプのマンションで、向かいの部屋のドアがある日開けっ放し。

通りがかりにチラ見したら、玄関からモノが溢れかえっている。。

当時「ゴミ屋敷」という言葉は、今ほどメジャー(?)でもなく

「この部屋の人どうしたの?」と、ぎょっとして自室に帰りました。

そのマンションは単身者専用ワンルームで、住人は、近所の大学の学生か、当時の私のように、若い社会人が多い物件でした。

その日は、様子が気になって、何度か覗き穴や、ドアの隙間から見てしまい。

そのうち業者らしき人と、部屋の住人(女子大生か若いOL)とその関係者(親?)が廊下で打ち合わせ。少しして、数人の男性が部屋の荷物をドンドン搬出スタート!

何を話しているのかは、さすがに聞き取れなかったんですが、数時間後にまた見たら、大量の荷物(ゴミ)は消滅。生活に必要な家財らしきものは残っていたので、「片付けられない人の整理だったんだ」と確信。

隣人付き合いのないマンションで、騒音問題や、ペット、他のトラブルもなく

他の住人に関心もなかったんですけど、強烈な印象です。

 

でも、部屋をゴミだらけにする(してしまう)心理はわかる。

片付けってホント面倒くさいから。

とくに忙しいと、寝るスペースさえあれば、どうでもよくなる。

私の部屋は、散らかっていますが、ゴミ出しは小まめにするため、ゴミ「屋敷」になる見込みはありません。

ただウツっぽく無気力になりだしたら、危ないかも。。と感じます。

 

私なりの、

「散らかっている」けど、「ゴミ屋敷にしない」ポイント

①ゴミ出しは毎日。

生ゴミ関係は、洗えるものは洗い、紙にくるむなどして処理した上でその日に出す。

②精神的につらいときは、ペット(インコ)のためとも思って、鳥かごを掃除して自分をを褒める

③物を置くスペース(私はサイドテーブルと床の一部)を決め、そこ以外には、なるべく置かない。

④布団を敷くスペースと、食卓にする折りたたみテーブルを置くスペースが

危うくなったら、本・雑誌・服の散乱が原因なので、時間をかけて整理。

 

虫(ゴキブリ・コバエ)が苦手なので、ゴミ出しをサボらないのが、ギリギリ散らかっている部屋以下にしないポイント押さえてるのかな。。

あと、マンションの清掃の係の方が、幸いとても丁寧なので、ゴミを出す側の意識も問われている気がして、分別に気を使う(使わざるをえない)のも、緊張感があっていいです。

 

Yahooの前の社長の訃報記事を読んで(60歳で交通事故) 

 人って、いつ亡くなるかなんて予想できないもんね。。と感じました。

断捨離も意識しています。

もっと身近に、たとえば職場(今も昔に勤めていたところでも)でも、

病気休職の人は、一定の割合でいて、

「健康が一番」というのも、よーく感じます。

無理して働いても、会社の人間関係なんて、辞めたらそこで終わり。

そこに気づかないと、いいように使われて消耗するだけ。

ただ、人としての責任とかモラルもあるので、サボったり明らかな手抜きをするのはダメですが。

私が投資を始めたのは、好奇心が主ですが、

会社だけに生活を委ねるのが、怖いから。

勤めている会社の取り扱い製品の知識に詳しくても、その会社を辞めたら、その知識が直接役に立つ機会は激減する(ゼロではない)。

株価や為替の知識の方が、60歳過ぎても役に立つからな、、、

 

5月病でしょうか。掃除して、本を読んで、早寝します。

ビジネス会計検定3級の合格通知もきたので、ファンダメンタルズ分析に役立てたいですね!