500円から投資中。

30代貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

住民税を取り戻すなら図書館

手取りが上がらないので、使える節税対策を

ふるさと納税、医療費控除、扶養控除、寡婦控除。

収入が上がらず、手取りを増やすにはまず節税。

で、控除を使い切って、他にないかな、と思ったら。

節約かつ自分のためになる、最強コスパの図書館利用。

書店で本を買う(アマゾンで選ぶ)楽しみはあるものの、

懐事情もあって、買う本は買うにしても、吟味。

特に衝動的購入をなるべく控え、図書館利用を心がけています。

だって図書館の運営費用は税金だから! 

 

地元の図書館は、ほぼ全ての本がネット検索で予約ができるので

平日夜、気になった本があれば、図書館のサイトで検索して予約。

休みの日に受け取りに行く。

超人気本でなければ、1ヶ月以内には手に入る。

1冊1,200円で月20冊借りたら、24,000円!

これで年間28.8万円。 

 

好きな作家・著者の本で、手元に置いて10回は読み返す本はさすがに買います。

(私は読み返す本は、何10回でも読み返すタイプ。)

 

高村薫レディ・ジョーカー

S・キング「ザ・スタンド」、、、この辺、年に1回は読み返す。ちょっと脱線。

 

それ以外は、せいぜい数回読んだり、斜め読みで、本棚に挿して終わり。

1ページも開かず、床に積んで終わり。。

 

図書館で借りた本は、「返さなくてはならない」という、ある種の縛りがあるので

「せっかく借りたんだし、いちおう読むか」と一度は手に取る。

そこで、しっかり読む、斜め読みで終了、途中で読むのをやめる、

といちおう、その本に向き合うことはできる。

さらに、しっかり読んだ本の場合

「買う」「また借りる」「ノートにメモる」と、

プラスの選択肢が増える。

これ全部無料。

 

期待はずれで、途中で読むのをやめた本も

「あ、こういう本は私には合わないんだ」とわかったりする。

自己啓発系の本とか、個人的にすぐ買うのは、ためらう本も

「けっこうイイこと書いてあるじゃん」

「ちょっとバカにしてました、すいません」と反省して受け入れることもある。

もちろんタダだから、ダメ元で借りて、啓発できれば十分モトがとれる。

(借りる分には、ためらわない図太さも大事かもしれません)

 

払っている住民税の額に、文句を言いたいのは山々ですが、

消費税以上に、節税には限度があるので、

住民サービスの利用で元を取るというのも、立派な節税。

 

その浮いたお金で、投資を。。。

 

先週、会社四季報を購入。

現物株に興味が出ています。

読み物?としても、面白い。

ビジネス会計検定の学習のせいか、データの読み解きも楽しく。

 

さすがに四季報は購入しました。

地元の図書館で検索したら在庫が5冊。

もちろん全て貸出中。まぁ興味がある程度なら、借りるのもありでしょうか。

定価2,060円。安いか高いか、価値観による値段ですね。

 

あと、書店に足を運ぶことは、最低でも月2,3回はします。

リアル書店の減少は、本好きには悲しいので、文庫とか軽い本は買います。

何ヶ月か前に、以前住んでいた街の個人経営の書店が、

まいばすけっと」になっていた時は、衝撃でがっくりしました(泣)

四季報はアマゾンで買った。重いから。次は書店で買おうかな。。