読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500円から投資中。

30代バツイチ、貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

今日は勉強と特別な日。3.11。

勉強の話 その他の日記

今日は試験勉強

 日曜に価格のチェックとお勉強(ビジネス会計検定) - 500円から投資中。

明日、ビジネス会計検定試験3級があり、まずは勉強。

たまった洗濯、食器洗い、ペット(2羽のセキセイインコ)の世話は

最低限しながらだけど(一杯することがあるじゃん・・) 

 

そして今日は特別な日(3.11東日本大震災

あと、今日3/11なので、14時半には6年前を思い出す。

 私は都内で帰宅困難者になっただけで、大きな被害を受けていませんが、

あの日から、価値観や物事の捉え方などが自分の中でも色々と変わりました。

信号の灯りが消えて、交差点の真ん中で、警察官が交通整理をする中

黙々と自宅に向かって歩いた。

ワンセグでニュースを見たら、津波のニュースを放送してて

同じ日本で起こっていることかと、歩きながら別の国にいるような心持ちだった。

 

「いつだって大変な時代 堀井憲一郎 (2011.7)

震災の年に出版された本で、2010年9月から2011年4月までの

メルマガの連載をまとめた新書。

3.11についてはまえがきと後半で触れられている。

 現在とこれから(2010年~2011年当時)の考え方や生き方のヒントが

丁寧に、ミッシリとあって、新書で語り口は軽いのに、

深く共感を覚えた本です。もともと好きな作家で、発売直後に買ったもの。

 

~印象に残った部分~

・「いまは大変な時代だ」と考えるのはいいが、

 「いや、あながちそうとは言えないぞ」と思っておいたほうがいい。

・わたしたちは「自分が特別だ」とおもいたいのである。

 

自意識過剰の苦しみで生きづらさを感じた時に、

「人は一番興味があるのは自分だから」と一歩立ち止まって考える。

落ち着いて、一人で肩の力を抜いて、お茶でも飲んで

一息入れてみる。それで手に取って読みたい本だ。

 

明日、ビジネス会計試験のテストが終わったら、読みかえそう。

 

ちなみに、同著者は

「やさしさをまとった殲滅の時代(2013.10) では

さらにこれからの時代を、決して明るいものとして捉えておらず

読んでて、共感できることも多く、ちょっと苦しい本でした。

 

どんどん読み返したい本のリストが。。

 しかし今日は勉強。 

500円積立の現在の収支(2017/03/11)

ファンド名 評価額
ニッセイ日経平均インデックスファンド 512.47
ニッセイ国内債券インデックスファンド 497.73
ニッセイ外国株式インデックスファンド 511.91
ニッセイ外国債券インデックスファンド 505.13

 【↑SBI証券ポートフォリオより】

トータルの含み損益は合計+27.19円。(2,000円の投資に対して)

プラスを維持してます。

額の大小は別として、これでも+1.36%。

2,000円をただ財布にしまうだけよりは、経済や金融のことを考えたりする

自分へのトリガーになっています。