読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500円から投資中。

30代バツイチ、貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

何にお金を使うか(投資?節約?)

現在の収支(2017/03/08)など

ファンド名 評価額
ニッセイ日経平均インデックスファンド 505.67
ニッセイ国内債券インデックスファンド 498.98
ニッセイ外国株式インデックスファンド 508.31
ニッセイ外国債券インデックスファンド 502.89

 (↑SBI証券ポートフォリオより)

トータルの含み損益は合計+15.81円。

株価が週明けから下がっている雰囲気もあり、ちょっと心配。

 

別で持っているマネックス証券の口座の投信は、利益確定で少し売ってます。

口座の現物買付余力が2割くらいになり、10万くらい単なる現金に。

押し目買い用に、プールしておくつもり。

 

マネックスは、ポートフォリオ分析診断とアドバイスのツールが付いていて、

自分の資産(投信のみ)を診断したら、リスクが高い(日本株投信が多い)ことと、

新興国株式の投信の追加購入をすすめられました。。

さらに親切に、おすすめファンドも表示されていて、これが手数料・信託報酬が高いものばかり(笑)

ネットの簡易診断でも、インデックスファンドは積極的にすすめないということは、

対面販売で証券会社や銀行で相談したら、大変なことになると簡単に予想できます。

 

友人の姉が、地方銀行勤務で投信を売りまくって、成績が良かったそうですが

とにかく会話が上手くて、押しが強い。そして美人だそうです。

「退職金の運用の相談で、オジサン(お年寄り)が窓口に相談に来ると、おすすめ投信のリストが頭にさっと浮かび、どれを売るかストーリーが出来上がるのよ!」と豪語していたとか。。

友人は、そのお姉さんとはまったく逆の大人しい・優しい性格で、「身内ながら理解できない」と呆れていました。(まぁ彼女は「私は絶対買わないよ」と宣言して、お姉さんとの付き合いは普通にしていて、問題ないそうです。)

 

不動産投資への誘惑といましめ

賃貸で10年以上暮らしています。

投信を積立てたり、小さく利益を確定させてると

毎月の家賃収入のある大家さんって、細かいこと考えずに

定期収入があっていいな、とつい考えますが、

ローンのことや、先のことはわからないと、よく思い直して

定収入の少ないときには無縁、と言い聞かせます。

(今の状況で、ローンが簡単に通るわけないんですが、

 超高金利なら、借りれてしまう金融期間があるのも、 怖いんですよね)

 

昔、特に20代後半に、家賃ももったいないし、結婚したら賃貸に出してもいいし、、と思って、マンション(都内の新築か築浅中古)を買うか迷ったことがあります。

新築のモデルルームに親を同伴して行って、ローンシュミレーションまでしてもらったことも。

結局、その時は数ヶ月後に東日本大震災があって、「持ち家ってリスクがあるな、、」とか、仕事が超忙しくなり、「賃貸で不自由ないから、焦ることもない」とうやむやに。

さらにその後、結婚・転職・離婚など、ゴタゴタして、マンションどころではなくなってしましましたが。。

でもローンシュミレーションしたとき(2010年ごろ)

頭金300万で、毎月8万の返済で25年ローンという試算をされました。

これって、冷静に考えたら、結構キビシイです。

当時の手取りは20万ちょっとあったので、「何とかなりそう」と考えた覚えがあります。

その後、結婚・離婚で出費はかさむは、転職で年収は下がり、さらに下がる可能性のある今。(自分のやったことなので、後悔はしていませんが)

借金はしなくてよかった。

暮らしは身軽な方がいい。

と実感しています。

最近、SUUMO(リクルートの不動産情報誌)を、コンビニでもらってきて

眺めていると、この先のマンション供給過剰が目に見えて

賃貸でも家賃は下がる傾向がはじまるなぁと、普通にわかるし。

「新築VS中古 本当におトクなのは?」という特集記事で

なんとなく、新築をすすめる流れの記事を読んでいると。

かなり都合よく書かれていて、3月で決算をむかえた今、「不動産会社は必死なんだろうなぁ」と推測できます。

・新築は広告宣伝費・販売費が上乗せされてるから、そもそも割高。

・欠陥は5年以上は住んでみないと、しょーじきわかんない。

(この辺は、事実でも、新築信仰が強い人にはあまり効果がないんです。

 で、売る人はそこを突いて、最新設備や共用施設の充実とかを全面に出したりする)

私が2010年に見た新築モデルルームでも、ミストサウナとビルトイン食洗機を、「すごい便利で女性には人気なんです!」と強調されて、

「風呂は長く入らないし、食器は1人暮らしで量は少ないからマメに洗うから、逆にそれ外して、販売価格下がらないかな」と思ってました。

今、どちらの設備もないマンションに住んで、心境はまったく変わりません。

お風呂は当時より入るけれど、ミストサウナ?湯船で十分!という感じ。

 食器も手洗いで、一人暮らしには不自由なし。水道代も変わったことないし。

仮に快適に使ってても、故障したら修理代はかなりかかるよね、

ビルトインだと、入れ替えも容易にできないし、仕様も限られるし。。

 

買えない人のひがみ、の部分もゼロではないと認めます。

ただ、3月(決算期)の不動産の購入はやめた方がいい。

 ついでに言うと、賃貸も進学卒業と転勤で、貸し手市場なので、

その2つの理由がなければ向いてません。

 

私は賃貸で、家賃は、10年の間(結婚時はのぞく)

7万→8万→9.5万→6万 と推移していますが

9.5万のときはキツかった!(離婚時でバイト収入しかなく、足元を見られた、思い出の部屋です。日当たり最悪・これまでで一番せまい部屋で、借りれるだけで有難いと思えと、不動産屋に遠まわしに言われました)

今の部屋は、その後に就職も決まり、落ち着いてから別の不動産屋で紹介された掘り出し物。大家さんの事情で「礼金・更新料なし、敷金1月。退去希望時は半年前に言わないと違約金。退去要請時は1ヶ月以内に出ていくこと。」という条件付きで安く、退去要請時の引越し費用だけは確保して、前の部屋の家賃から浮いた分を投資などに回しています。また部屋の居心地をよくして、自炊にはげんで、外食も減らしています。

借りるための条件は、大家の指定が強すぎでもあるのですが

固定費が抑えられることや、契約時の説明で納得しているので

住める限りは、住もうと考えています。

相場より2割は安く、使い勝手のいい部屋なので、出て行けといわれないことを願うばかりですが。。

 

6万の家賃すら危うくなったら、

実家に帰ろうとか甘いことも思いますが

今更、10年以上、別居していた両親と暮らすのも疲れそう。

職場でも、親とずっと同居している人(とくに女性)とは

なーんか感覚がズレることがしばしばあったり。。

40すぎて、家事はお母さんが喜んでやってくれる、とか。

どうなんでしょうか?

話がズレてすいません。

 

今後の相場を見守ります。

ビジ会検定の勉強もさぼらずやらないと。