500円から投資中。

30代貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

株と趣味に揺れる4月、揺れすぎ。

今週、手持ちの株と投信の銘柄を半分にしました。

個人的に、「そろそろ手じまったほうがよくね?」という考えからです。

とは言うものの、含み損のある銘柄は、まだ(意地で?)持っているので、結果として含み損のある銘柄だらけです。あ、もちろん500円積立はそのまま続けています。

そして、なんと誤発注もやらかしました。「売り」「買い」のボタン押し間違え。100株持ってる銘柄を、いったん売ろうとしたら、、瞬間で200株になっていました。高値で売りに出したので、成行の買い注文となってしまったのですね。。そしてその株は含み損となり、今後の取り扱いの悩みのタネになっています。

その取引をしようとしたとき、なんか焦っていたんですよね、バカです。。言い訳というか救いは、値動き・出来高ともに、それなりにあるテーマ株なので、どこかて吹いてくれるのを待って何とかしたいです。業績や財務状況も悪い企業じゃないし。。

売った株ですが、「日経平均全体が暴落したら、釣られて下がる感じがするなぁ」という基準です。手数料込みで、ギリギリでマイナスにならない額で売った株もあります。優待ある株も「確定月の3月まで待っても、優待額より値下がってもなぁ」と決断して売ったりしました。

約1年で、14銘柄の売り買いをし、半年以上も持っている株は2銘柄。長期投資家を目指したつもりが、かなり売買してます。2銘柄のうち、1つは長期保有の覚悟まんまんです。っていうか、今持っている株の中で、トータルで含み益を確保している柱の株ですが(笑 利回りがいいし、財務状況もいい、値動きも一時期上がって、今は一番いいときから2割下がったものの、そこからあまり動かない。

長期のつもりで他に2銘柄あったのですが、1つは高騰しすぎて、その後の落ち込みがデカくて売り。もう1つも、かなりトントンと上がったあと、ズルズル下がり、下がるペースが止まらない。片方は、前者は今も下がっていて、もう片方は、やや持ち直しています。この辺の売りの判断は難しいところですホント。

 当然、証券口座の現金残高が、ややふくれていて、いったん銀行口座に戻すか、次のチャンスに備えて、そのままにするか、さぁどうしたものか。誤発注やらかしたこともあって、一抹の不安があるんです。

 

株に一喜一憂しながら、予定をやりくりして、平日夜、「落語となにか・・・」をスズナリで観賞。なんか、こういう夜があるから、生きててよかったよかったと感じました。

笑点」を日曜の夜に見ているだけでは、味わえないあの空気。

昇太さんの「生きてる中で、色んな選択をしていると思いますが、選択に間違いがあることはなくて、その選択の後にどう行動するかが大事なんです」(記憶に頼って書いているんで、主旨だけは合っていると思う。。)なんて意味の言葉が妙にというか強く刺さった。だいたいスズナリの芝居のセットの中で、落語と何かを見れるシアワセ。歌まで飛び出し、気が付けば21時を回っていた。

「恍惚のブルース」「ガソリンとマッチ」「ディーゼル」この辺の選曲もジンときた。これは、舞台「ザ・フルーツ」で胸打たれた思い出も再現。

ちなみに、ふとうちに帰って、ふと引っかかるものがあって、本棚に並ぶ、昔の古い劇団の解散記念パンフを見たら、好きだった役者さんの「アンコールで歌いたい曲」に「恍惚のブルース」の曲名が。狙いましたね?と信じたい。

4~5月とほぼ毎週、芝居やらコンサートやら。平日夜は株チェック、休日は趣味。多忙です。

含み損を抱えた300株と誤発注で現金になったはずが200株になってしまった株の今後がちょっと気がかりです。どちらも「テーマ株」なので、何かのニュースで動かないかな、、と一縷の望みを持っています。さぁ来週の株やいかに。

迷走の株。週末の観劇で心洗われた今、来週の相場次第では投げ売りいきますか?

前回の記事から。ちょっと投資の動きが荒めです。

気になっていた株の好決算ニュースを見て、かなり高い額で買ってしまったり。

500円積立以外の投信積立を、絞って解約を増やして。ついに、セゾン投信とひふみプラスだけにしたり。

ひと波乱ありそうな、状況のなかで、ジタバタしています。

金価格がついに5000円台に戻り。為替は現時点では大きく動いていませんが。今週はなんか怖い。含み益から一転、含み損になった株も出てしまい、どうしたものやら。

 

週末は、トム・プロジェクトの「砦」を観劇。

カネとか、瑣末な日常のことにとらわれて、足元がぐらついている心にくさびを打ち込まれた気分。

故郷、夫婦の愛。。重いテーマなんだけど、クスっと笑える場面あり、でも泣けてしまう場面たくさんあり。まぁ、主演の村井さんが素敵ですばらしくかっこよかった。ドラマで見かけて、かっこいい役者さんと思って、10年どころじゃない。気になった作品や役者さんは、機会があれば実際に舞台に足を運ぶに限る。

好きな劇団、桟敷童子とチョコレートケーキの役者さんがミックスされれば、行くでしょう、と当然の様にチケットを買ったのが、2月。その後、他にも何度か舞台に足を運んでいて、気がついたら上演日。舞台ざんまい。シアターXは、はじめて行った。都内も劇場がいっぱいありますからね。。

自分の信念に基づいて、生きることへのエネルギーを注ぐ。そんな実は当たり前のことを忘れて、流されるように生きている日々に、待ったがかかる。

株式市場の行方と、生き方の行方。

どっちが大事か?答えは出ているのに、煩悩まみれの私。

さっき、何となく、見続けている大河ドラマを今週もしっかり見て。面白いんだけど、ある種の「偏り」を感じてしまう。NHKだから、そりゃそうなんだけど。「仲間」とか「国」だとか、手放しの礼賛に、「うーん、これは、「こういう物語」として見ないと、変にハマるといやだなぁ」と強く感慨をいだく。なんせ、役者さんはもちろん、セットや小道具など大河ドラマだけあって、豪華だから、見るのをやめるのも惜しい。小劇場系の役者さんを、タイトルロールで辿る楽しみもあって、絶対に見るのをやめられないのが痛い。

テレビなんていらない、と強く思いながら、日曜日のテレビ率が一番高い。笑点大河ドラマ、プログラム次第ではEテレクラシック音楽館。先週は、ローカルの浅草寄席の中継まで見てしまった。。

平日の深夜に、吉本新喜劇を見てしまったり(笑 テレビに今さら夢中になる年頃でもないのに。。

最近見たニュースで。気になったのは、震度6で危険かもしれない建物に、新宿の紀伊國屋ビルがあったこと。ひえ~、紀伊國屋ホール大好き(1年以上行ってないけど。サザンシアターの方に、見たい演目があったので)で、今年は行くつもり満々の身としては。耐震補強の線で行って欲しいです。地下から、ほわんと立ち上るカレーの匂い。1階から2階へのエスカレーター。あの風景はなくさないでほしい。

さぁ、明日からのニュースは。株関係で、しっちゃかめっちゃか、顔色変わりまくりになるのかなぁ。。投げ売りとかはないと思ってますが。。不安な銘柄に限って、300株持ってたりして、慎重に考えないとまずいです。買い増したときは「行ける!」って強気だったのが今や。自己資本率いいので、最悪、塩漬けでもいいんだけど。。迷える状態です。

蓋を開けてみないとわからない。明日の昼頃、市場のサイトにログインするのにドキドキものです。ちぇすと!きばれ!っても、きばってどーなるもんじゃないし。

持ち続ける株と売りたい株を選んでます。

米中の貿易をめぐるケンカと国内のモリカケはじめとしたゴタゴタの中で。

「いよいよ日本株、だいじょうぶ?」とハラハラしています。

昨日、さらに保有銘柄を1つ売却。3万台で買った銘柄で、2倍まで待ちたかったものの4万台で売りました。

保有している現物株は7銘柄になりました。

で、さらに3銘柄の売りを考えてます。

3つを選んだ理由は。

「これから暴落モードになったら、一緒に絶対下がりそう」

「含み益があるうちに(1つの銘柄は、少し損を抱えてますが)一度売りたい」

株主優待もない」

そんなところです。

意外にも投資の中で、買うときに重要視してなかった株主優待の有無が今になってきになってます。

残す予定の4銘柄のうち、優待アリは2つ。どちらも、業種とか長い目で見たら、持っておいてもいいかな、って思うのが1番ですが。

3月まで持ってれば、クオカードとカタログギフトがもらえるんだよな、、と名残惜しさというか楽しみもあって、ホールドの予感。

 

ちなみに売った株と売る予定の株でも、優待ある銘柄もありますが。

どちらも「500株以上」の制限付きで、300株持ってる・持っていて(偶然2銘柄とも)、買い増すより手放す方を選びました。

吉と出るか、凶と出るか。。

来週、売りたい株は、朝までに指値を決めないと。

 

ちなみに、この1年で売った株で、さらに値上がって一番「しまった~!」と思ったのが4344。一度下がったら、再挑戦したいものです。特打とか、ゲームソフトでお世話になったこともあったし。

 

新年度、何も面白くもない生活で。久々に寝る前に読書の昨夜。

4年前に買って、一気読みした、Sキングの小説「アンダー・ザ・ドーム」を読み返し。

疲れた心境のときは、つらい系の小説のつらいシチュエーションを読むのが好きです。

暴落を怖がりながら、株やってます。

 現物株の整理しています。

ここ1ヶ月で、保有株が8銘柄。

株価の上下の幅が大きかったので、数日で手放した株もありますが。。

はじめて2倍超えした株は、200株持ってたので、100株売りました。

すごいドキドキしました。。

逆に、IR情報をよく眺めて、好調だった株を「そろそろ潮時かも、、」と売ったら、直後に値上がったり。。スリルがあります。

限られた時間のなかでですが、為替やアメリカのニュースを気にしながら、売買しています。

ノートに持ってる株をすべて書き出したら、けっこう自分の性格や好みがわかるなぁと感じています。強く意識してる訳でもないんですが、自己資本率は最低60%。値幅が大きくて、5万円以下の某メーカーの株を試しに買ったものの、後で20%台と気づき、数日で売ったりしました。。

個人的に、すごい動きが気になってるのが、ジャパンディスプレイ。怖くて手は出せませんが、追加支援が発表されてるのに、毎日毎日、最低安値を更新している~。液晶パネルって、手堅いイメージがありますが、競争が激しいですしねぇ。

私のメイン口座の、マネックスは、仮想通貨にも乗り出すそうですがどうなのでしょうか。

最近、優待生活の桐谷さんの特集をテレビで見かけて、ちょっと憧れました(笑)桐谷さんは、元々、将棋のプロで、リーマンショックから勝ち上がってきたお方ですから、レベルが違いますが。週末は、自転車で街に出かけたくなりました(笑

 

4月、新年度ですが、とくに嬉しくもなんともないです。

トランプ・チャイナショック??がいつ来るのか?

株はやってますが、500円積立以外の投信は、引き上げはじめています。セゾン投信の行方が気がかりです。積立額は減らしましたけど。。

岐路に立つ、暴落?相場のなかで。

とりあえず、昨日の続落で、株と投資信託のマイナスがでかい!

投資信託、日経インデックスと外国株インデックスが一気に含み益が、含み損となりました。

500円積立、セゾン投信の積立も、含み益がガツンと減ったことを報告します。。

 

500円積立以外、積立投資の額はいったん減らしました(もっと下がったら、額をまた増やすつもりです)。

現物株も、買い増しは怖くて、様子見を続ける予定です。

保有の5銘柄は、中長期投資の予定なので、持ち続けます。

含み益が、徐々に減るのはちょっとつらいなぁ。

ただ、暴落前に唯一含み損をかかえてた銘柄が、一番この暴落では影響を受けていない事実もあり、株って面白いなぁと思います。

外食産業の株、優待目当てで欲しいものの、手が出せる金額じゃなかったのが、いつか買えるチャンス?

気長に待ちます。

四季報ポストイットと、ラインマーカーでカラフルになっています。

現物株を売りました。

前回の記事で悩んでいた、現物株を昨日売りました(100株)。

11月末に買って、プラス1,000円くらいで売却です。

財務状況も良く、決算数字も悪くないのに、ずっと下がり気味。年末に、プラス3,000円くらいまでいったけど、日経平均の下落に合わせてまた下がり。「こりゃ3月末の配当待っても、あまり意味がないな」と売却。今日の時点で売ったら、損してました。

ヤフー掲示板では「買います」っていう書き込みもチラホラあったし、表面上は悪い材料がないので迷いましたが、、とにかくチャートがズルズル下がる。これからドカンと相場全体が下がったら、耐えられない、と思って(思い込んで?)決断しました。

この売却で、手持ち資金が10万超えて、ちょっと安心してます。5万円位で買える株を物色しつつ、「焦るな、待て!」と実際の注文はガマンしていますが。。

いま持っている、現物株は5銘柄。含み損があるのが1本で、あとは含み益があります。とりあえず、この5銘柄はキープして、年度末を迎えようとしてます。

今年度、9本の銘柄を買って、4銘柄売却。売った株は、低調株を手放したのが3本(昨日売ったのもそのつもり)ストップ高で「もういいかな」と売ったのが1本。手放したつもりの株の中で、持ってれば2倍になっていた株もありましたが。。ストップ高で売った株が、その後に上がったりもしていますが。。

今日は、ちょうど発売日だった雑誌「ZAI」を衝動買いしてしまったので、明日はゆっくり眺めるつもりです。株だけでなく、FXや仮想通貨まで記事があって、私はやりませんが、入門記事なんかは読み物として面白そうです。

社会保険料の値上げや、消費税増税など、黙っていれば、手取りがうっかり減るこのご時世。熱くならずに、投資も頑張ります。

 

・・・週末に舞台を観に行ったのですが、疲れがたまってたのか、中盤でウトウトしてしまい(1人の役者さんの長ゼリフで、ぼーっとしてしまった)、物語のポイントとなるシーンがわからずに、休憩をはさんで後半を見る羽目になった苦い経験をしました(涙 中盤がわからなくても、十分楽しめたので、寝た自分がなさけないです。。舞台やコンサートで眠くなるのって、自分に負けた感じがして悔しい。残業で睡眠時間が削られたツケです。あぁくやしい。

広告を非表示にする

ゆっくり考え事をしたい。株とか。

株。

伸び悩んで、下落傾向にある銘柄を1つ売ろうとしています。業種、財務状態は悪くないのに、ズルズルと階段状に下がっている感じ。でも、指値の設定が、微妙に高いのか、どうも売れない。

そんな中、そろそろ売ってしまおうかと迷っていた、別のもう1銘柄。

すごい上昇しはじめた。で、よく調べたら、好調業績で、まだまだ持っている価値があると再認識。そして、それ以前に、今月末が優待だった~。私は優待を意識して株を買っていなかったので、その銘柄が優待アリとすら知らなかった。。

好調の株も、低調の株も、目先の値動きばかり気にして、あまり細かい中身を見ていない。けっこうな額をかけているのに、この体たらく、、

四季報の最新版が発売のいま、週末は本気で研究しよう。

そして、先週末。ぼんやりと、6時間DVD観賞。S・キング作「ザ・スタンド」。

小説は文庫で5巻の大作、読み返すにも限度があるので映像。ぶっちゃけDVD(映画ではなくミニドラマとして1994年に放映されたもの)の評判はよくない。なんせ、大作を6時間に縮めるワケだから、無理がある(笑 ただ、小説だけで掴めないイメージが「なるほどね」とわかるところもあり、小説とセットで見れば面白い。

そして、原著もつまみ読み。ペーパーバックで1冊。和訳で、イマイチぴんと来ないところを探すと、面白い。こういうことすると、英語の勉強も、もっとしたくなりますが。

 

「ーもしもあのとき、一度だけでもとびおりていられたなら・・・たった一度だけでも・・・そしたらいまごろこんなところにはいなかっただろう。そう、最後がすべてを埋めあわせるとはこのことだ。

「If I could have brought myself to jump once...just once...I might not be here. Well, last time pays for all.」

 

↑ 裏切り者(いろいろ背景があるんだけど。そして、私はとても好きって共感できる登場人物)のハロルドが、崖から転落してボロボロになって死ぬ間際のセリフ。

日本語でも、言ってることはニュアンスもよく伝わるけど。原作というかナマのセリフにすると、より刺さる気がする。「とびおりる」っていうのは、小さい頃に、高いところから飛び降りるゲームに、ビビって飛べなかった自分を悔やむセリフで、それも「jump」とある方がわかりやすいと私はおもう。

あと「just once」の繰り返し。「最後がすべてを埋めあわせる」というのも、「last time」が「pay」するって表現なんだ~。

原作をすべて読むのは無理ですが、好きすぎる小説で翻訳は原著にあたるのも楽しいです。って持っているのは、あとは舞台で見て感動した「モリー先生との火曜日」という作品のペーパーバックだけです(笑 

ちなみに「The Stand」で原文の方が一番好きなのは、準主役級の登場人物ラリーのヒット曲(ラリーは歌手)の曲名。

「恋人のことがよくわかっているかい、ベイビー?」

「Baby, Can You Dig Your Man?」

和訳は意訳しすぎでないかい?と感じつつ、難しいといえばむずかしい。

ただこ曲は、作品の中で、キーになることもあって、文中に何度も出でくるんで、もっとすっきりしたタイトルだったらなぁとも思わずにはいられない。

 

ダラダラ書き連ねてしまいましたが、生活に没頭しつつも。心の琴線に触れる作品に触れる余裕が欲しい春です。

あと、売りたい株、はやく売ってしまいたい。