500円から投資中。

30代の非正規社員の適当日記です。投信積立と現物株、観劇などマニアな趣味も時々かたります。

確定拠出年金ってどうなんですかね、転職回数の多い非正規のつぶやき。

投資が好きです。

500円積立、セゾン投信の積立、現物株。

 

しかし、強制的に積み立てされウン10年は何もできない資産があります。

 

それが確定拠出年金IDECO)。

複数回の転職のうち、退職金制度が充実している会社で、確定拠出年金が導入されていました。退職金制度が元々ない会社にも勤めてたことがあるので、あるだけ有難い制度ではあります。

しかし!おかげで結構な額が60歳まで手を付けられずにいます。

つい何か月か前まで、無職だったころ。普通預金のたくわえで生活はでき、株までやってましたが(今、それが大変なことになってますが)、確定拠出年金の存在が非常に、喉にささった小骨のような存在でした。。ざっくり100万強のカネが、引き出せずに眠っている、私が稼いだカネなのに。。

マネー関係の記事では、さかんに確定拠出年金をすすめています。節税の観点からは確かに、かなりお得な制度です。(元AFP資格持ってて、勉強した私でもそう思います)

でも、いざとなったとき、引き出せないのは痛いし、心理的にすごい「損した」感がします。しました、わたしの場合は。

退職金って、退職後のための備えのお金ですが、この時代、いつ退職するかなんてわかんないじゃないですか。一度預けたら、60歳まで解約して下ろせないってキツイものがあります。例外で解約できるのは、自分が重度の病気や障害を負ったときか、死んでしまって遺族にその年金が送られるかのどっちか(詳しくはきちんと調べてくださいですが)。うーん、このデメリット、あまりニュースなんかでは言われませんが大きいです。

入社した会社が、退職金制度として加入必須の場合も、今は多いので、必須なら仕方ないですが、すすんで若いうちから大きな額を積み立てるのはデメリットが大きいとおもう。

無職の期間中、当面のカネには困ってませんでしたが。もし自分に何かあったときに、自由に確定拠出年金が引き出せないことにすごい不満でした。(先に書きましたが、大病(それも本当の大病)か死んだときに相続人に行くのみ)今は定収入(低収入)がありますが、ボーナスももちろん退職金もないので、60歳まで下ろせない貯金があっても何のアテにもならない。一人ものなので、親が生きているうちは、私が万一先に死んでしまったときの、保険金(迷惑料がわり)として渡すお金と仕方なく納得してます。いちおう兄弟は遠方にいますが、疎遠で特に仲よくもないので、親が死んだら、遺言状をかいて動物愛護団体か芸術系の団体への寄付に回そうかと本気で考えています。

子供がいるとか、自営業である程度の収入があって節税対策に使うなら、賢い制度なんです。ちゃんと制度を調べれば。

けれど独り者で収入が安定しない人間にとっては、解約できないリスクが隣り合わせの確定拠出年金

独り者のグチです。ただこういう心境の人って少なからずいるとおもうんですけどね。

新卒でそこそこの規模の会社につとめて(退職金制度充実、ただし確定拠出年金)、数年で退職、年収が下がり退職金制度なし、とか、独立して退職金という概念がなくなったりして。そんなとき、ただ使えない金がソコソコ眠っているってのは、損した気分です。わたしは新卒で勤めた会社が、いきなり退職金がなかったので、まだ仕方ねぇなと割り切れるんですが。確定拠出年金って、昔おおかった確定企業年金より、企業側の管理コストや手間がかからないのが最大のメリットで、勤めてる側には節税メリットと引き出せないデメリットがあって、ギャンブル要素がつよいんですよね。積立金で投信買うのも、ある程度勉強しないと大損する可能性だってあるし。

現物株が、今日は少し戻ったので、動揺は多少おさまりましたが、ふと眠ってるカネについて思い出したら止まらなくなりました。

結論は、確定拠出年金はすすんで入るのはリスキーなんで、よく考えたほうがいいと私は考えてます。くどいですが、60才まで解約できないのは、節税効果よりも、大きなリスクになります。例えは悪いですが、もし私が信用取引に手を出して、追証かけられても使えないカネですから。。生命保険には一切入ってないので、いろいろ迷惑をかけた親への保険金か、60才まで生きていた時の祝い金として眠っている、わたしの年金。

国民年金よりはマシでしょうか?

ふたたびの暴落。一気に保有中の現物株が下がりました。

含み損の幅が1.5倍くらいになりました、先週末比。

テーマ株、優待株、高利回り株、みんな大幅安。。

 

唯一、値がほとんど崩れなかったのは

優待アリで高利回りの株のみ。業種も安定している銘柄。

 

逆に一番、崩壊したのが某テーマ株。

特に大負けしている銘柄は400株持ってる時点でアホですが(分散投資の基本を忘れ、ギャンブルに走ったなれのはて)、半値近くになってますよ。。

 

仕事を定時で切り上げ、芝居を観に行き、帰宅して恐る恐る証券サイトにログイン、、低収入で遊んでるのも開き直ってますが、株が一気に危ないです。

内容がメチャクチャですいません、動揺しています。

信用取引は一切やってないので、塩漬け戦法で行きます。500円積立の日本国債インデックスが好調なのが、すごいわかりやすいです。

あ~どうしよう。これ以上含み損がふくらむと、さすがに青ざめます。

非正規、飲み会に行く。

送別会シーズン。

職場の送別会、とりあえず行ってみた。

先週(職場とは関係ないけど)飲み会で、変な酔い方をして懲りたのに。また飲み会。

会場が新宿だったので、帰り道。同じ送別会の酔客があふれていた。

この中で、内心さっさと帰りたい人間が半分以上なのに、みんな笑ってやりすごすのが大人なんだな、とおもった。

私?笑ってやりすごしてました。

非正規のスタッフは夜の飲み会に出ない人も多いので、行くだけで表面上は「きてくれるだけでよかった」ともいわれる。

身銭をきって、職場の雰囲気をさぐるというか、普段ほぼ定時で帰るので、アフターの職場の人たちはどういう飲み方なんだろうと。

これまで働いた会社と大差はなかった。みんな気を使って大変だなぁと。下になればなるほどつらいだけ。私はディープすぎる噂話とか知らない人の話は、適当に聞いて、関わりのあった送別する人と、これから仕事で新しく絡む人とあいさつできればいいやと。ヘラヘラと2時間。

これまでの会社でもあったけど、参加しない人への「あいつ付き合いが悪い」のセリフを口にする人が、やっぱりいる。(介護中の正社員と非正規スタッフに向けては出ないですが)1次会だけでも来れば、、と。

こういうのがめんどくさい。あ~もう非正規でよかったと思う瞬間。「飲み会に残業代つくんですか?」と聞く若手、にはさすがに違和感おぼえますが。

むしろ参加しない人には、理由とか意志があるわけで。わたしは参加しない人のほうが、私生活は充実してるんだろうなとおもう。だって週末の夜なんて貴重でしょ?送別会に参加したくないなりの人間関係が実はあるんでしょ?とか。

プライベート>>>>会社 と言えるのが一番いいと感じますが。

次月、歓迎会が2回もあって、正直うっとおしく思っていたら。

1回は、すでに予約チケットのある舞台と同じ日だった。よし、堂々と断れる(笑

正社員だったら、舞台?ハァそんなもんあきらめろって、ポジションによっては一笑に付されたでしょうが。。

昨日、帰りの電車。1次会で帰る人と盛り上がらずに適当に話を電車の中で数分。あまり仕事でもからまない方で、逆に気を使わなくてよかったのか、「めんどくさいし気を使うし、飲まないのに放題だと高いし飯はまずいし、2次会なんでカラオケでバカのふきだまりだよ」とグチをきくはめに。

ある種、安心しました。彼は出世コースには乗らないだろうけど、家では妻子と楽しくくらせばいいと思った。

バカのふきだまりは、言い過ぎだとおもいましたが(笑

酔っ払いの帰り道。やっぱり酒やめたいです。

週末、外で飲んで、終電近くで家に帰った。

朝起きたら、枕元に、発泡酒(500ミリ)の空き缶とあんぱんの袋(未開封)。

家の最寄り駅から、帰り道にあるコンビニで買ったらしい。

こんなに酔って帰ったのはひさしぶり。二日酔いは思ったよりひどくなく、翌日ひたすら眠いのみ。頭痛吐き気はなし、お腹はさすがに調子悪い、食欲夕方までなし。夕方、だるくて、さすがに空腹を感じたので、あんぱんを食べた。

酔っ払いの帰り道「あ~まだ飲み足りない(全然そんなことない)、明日、空腹になったら油っぽいデニッシュよりは、あんぱんだよね(これは多少よい選択)」と意識のどこかで思ったらしい。

でも、こんな生活は荒れる。30代前半まで、けっこう酒飲みで無駄な時間を費やしているので、こんな夜はもうこれ限りにしようと反省。

 

tumitumi500.hatenablog.com

 

自業自得の話で、コンビニのせいではないですが、24時間営業は、余計な出費を誘うと感じた。今住んでいる町は、コンビニ以外にあるスーパー数件は21~23時に閉まるので、夜遅くに買い物に行く習慣はないです。家でお酒を飲むことも滅多にない(月1程度、夕飯と一緒にビール飲むくらい。本音は断酒したい。)ので、酔って買い物に行くこともほぼない。

外で飲むことも、今回はたまたまで、滅多にない。(外食すくない、友達すくないが要因)1年前に仕事が忙しくて、異様に帰りが遅いときは、疲れ果てていて家で飲む気力もなかった。仕事をやめて、無職になってからは、アルコール漬けになるのが怖かったし、すぐ働きたくなかったので、酒はあまり飲まなかった。ツマミも買うと食費あがるから。

今は時給でも収入があるから、気が大きくなると財布のヒモが緩みやすい。趣味や日常の食費に少し色を付けるならいい。小さくても経験になるから。でも酒はだめ。意味もなく気が大きくなって、記憶にない経験を積んでもロクなことにならない。あんぱん1つはいいけど、意味のない飲みなおし(深夜1時にまだ酒飲んでたはず)なんて不健康でしかない。体にも心にも。

記憶が結構ないのだけど、ビールを中ジョッキ換算で7,8杯飲んでた感じ。人といるときは、発言が荒れないようにする、気分悪くなる手前でやめる、だけは肝に銘じてるのであまり醜態は演じないんですが。。いくら飲んでも顔に出ない、でも勝手に楽しそうにヘラヘラ飲み続けている、と「害はないけど変なやつ」と思われるので控えていたのになぁ。そして今回のように、帰り道ひとりになって、行動がわからなくなる。何事もなく生きてこられたのは運がよかっただけ。

反省しきり。付き合い上、避けられない席で、出席したのはいいけど、シラフで次に一緒に飲んだ人たちに会うときに「私どんな感じでしたか?」ときくのが怖い。

この怖い感覚をもつのが、この年になると笑えない。

がんの発生との因果関係もあるので、一概にはいえないけど、タバコより酒のほうがよっぽど危ないと思う。それにタバコは高いから、昔よりずっと敷居がたかい。ネガティブキャンペーンもすごいし。私が大学生のころなんて、構内に灰皿が普通に置いてあって、学生時代は女でも吸っていいんじゃね?と思ってた、吸ってたし。じつは最近、好奇心と懐かしさで1箱買って吸ったけど。あ~懐かしいなと、スパーと吸った。でも「高い!」とアホらしくなった。あとにおい(副流煙のほう)がきつくて、部屋がくさくてたまらなかった。ただ数本吸ってから、においとかに困っても、意識は平常だから精神がいかれてることもなく、元の生活にはすぐ戻れる。日常的なスモーカーになると別の話ですが。

タバコは余談ですが、酒を一滴も飲まずに暮らせる神経がほしい。10年前に比べたら半分どころじゃなく飲まなくなってもなお(昔どんだけ飲んでたのか)痛烈に感じた。

飲み会の席で、1滴も飲まずに大人にふるまってる人が一番かっこいい。飲んでもスマートにふるまってる人ももっとかっこいい。

それができないのが苦しい。

家で一人飲み、たまに付き合いの外での飲み。たまにでもアルコールを飲まずにすごせたらメンタルも強くなれるのに。。

 

大幅安の中でストップ高、きました。

定時で仕事終了、落語を聴いて帰ってきたら。

 

持ってる株が1つ(100株)、ストップ高で、含み損→含み益に!

塩漬けであきらめて、傍観してましたが、キたよ~!!

でも、他の株の暴落で、全体の含み損はまたドカンと増えてます。

さらにPERが低くて、ナンピンねらいで指値を入れた株が、この急落で約定してた。(100→200株保有

 

景気が不安になると上がる銘柄もあるんですよね、(株を一定期間やってるとわかる)金価格も5,000円超えが続いてるし。

職場で、演劇や芝居を観る話は軽くしても、まさか株式投資も趣味とは言えず、ブログでボソボソつぶやいています。景気後退のニュースが出ている中で、買い増しするのも危険なので程々にします。日経平均が20,000円を割る事態が来るのでしょうか、気になります。

非正規職員の心境。わかっちゃいるけど、将来はない。

パート勤務をはじめて約半年。

正社員・契約社員で通算15年近く働いて、半年くらい無職で、もう激務は無理だなとおもったから。

早速、非正規ならではの、「早い段階でのクビ切りはあるかもな」的な空気を感じています。

年度末に職場で組織変えがあったんですが、それは次の年度末の更なる組織がえのための第一歩、と正社員のみの会議で発表があったそう。(給湯室のウワサ話で、がっつり聞き耳をたてた(笑)

今、次年度の途中までの契約なので、その次の契約は打ち切られる可能性はないわけでもないな、と「キター!」的なかんじ。

勤務時間や場所、人間関係など大きな不満はなく「契約上限の2年ちょっとは平和に働きたいな」なーんて思ってましたが。「職歴として1年はとりあえず欲しい」と、気持ちがサクっと切り替わりました。

社員の人たちは、給湯室で「○○部に配置転換になったらどうしよ~」とか話してるんだけど。私は「やべ、転職活動またするのめんどくせーよ」と悩みが根っこからちがう。

組織がえ、というのは、要は業務効率化のための、部門削減がメインの様子で、これまで勤めていた職場でも何度も体験したので。なまじパートの身分なので、「へーこの会社も見かけより、台所事情は安泰じゃないんだね」なんて感じもする。

しかし、そうするとパートなんて「経費のカタマリ」なので、すぐに切られる要因じゃないですか。

そこで何ができるか、を考えざるをえないのですが。なかなか思い浮かばない。

考えるのが面倒、ってのが今。まだ現状は、何も起きていないから。

正社員に最後の挑戦!とか、その意欲はない。残業ナシ、通勤時間30分、とか楽です。人間関係も「この人はパートだから」と、ドライな風潮もあって、それも楽。飲み会は、部の忘年会と歓送迎会は声がかかるので、1次会だけ出ます。その他の付き合いはないけど、公式な会は自腹切っても行く主義です。(会より前に、予定があったら行きませんが)でもそれも「出たほうがいい、出たい、かな」と思える雰囲気があるから。「この人はパートだから」の後に、「詳しいことは教えなくてもいいか」とか「多少人間関係にクールでも、仕事に差し支えなければ放置でいいや」とか社員の人もそんな感じで接してくれる。注意されるのは、明らかな事務ミスや電話対応で違うことを言ってしまったときくらい。たまに「パートにしては頑張ってる、勘ドコロがわかってるので教えるのが楽」と言われると、「これくらいはやらないとさ」とおもう。

年収は社員だった時から半減しましたが、体が楽。メンタルは、こういうことがあるので、楽とは言い切れません。年齢的に、正社員を目指すならラスト、ってのもありますが。正社員だからって何がよかったか?とマジメに考えても、なかなかデカイ答えが見つからない。「安定」はしてましたけど、辞めた時の理由は、激務がおおくて、安定以前に死ぬと感じたので。

老後を考えるには早すぎるけど、仕事・結婚、とやりきった感じがし(どれも中途半端でしたが)、毎日が余生みたいです。

あまり職場でプライベートなことは話さないのですが(転職歴が多いとか、離婚歴とか話されても困るしね)、飲み会で「趣味が舞台を見ることなんで、残業がない今、週に2.3回は劇場通いですかね」と口をすべらしたら「楽しそうですね」と言われた。残業してボーナスをもらうか、時給で時間とおりに帰るか、どちらを選択するかの違い。

同年代の営業マンが、結婚してて奥さんに家計を握られてて、お小遣いが月4万と言ってて。「そういう生活もあるのか」と唖然とした。手取りで40万近く(推定)あって、小遣いが1割ってどうなんだろう。私が結婚してた時は、財布は別で、相手の預金残高も知りませんでしたが。彼より私の小遣いは多いけど、年収は半分以下、3分の1か?人生いろいろです。手取りから家賃を引けば、全部こづかいみたいなもんですからね。。ま、株は最近、放置です。相場が上がってるので、売ってもいいか迷ってる銘柄もありますが配当金が欲しい。含み損が30万以上ありますが。。含み損も、特定の銘柄がずっと20万固定してるので、なれてしまいました。爆上げしないかな、、いちおうテーマ株なんですが。。

自由席が好き。常連優遇はいらない!①

ある記事で、舞台等の集客の安定や客の利便性・お得感を出すために「ぜひ舞台や劇団、劇場が積極的に回数券や定期券的なものをつくって、常連を作る仕組みがいい」「さらに客席も多少優遇するのが観る側にはうれしい」とあった。

私は、その意見に「ぜったい反対」です。

なぜワザワザ書くかというと、20年以上、演劇をメインに舞台、ここ何年かはイベントやコンサート、落語会にも行ってますが、「一般のイベントだと思って行ってみたら、明らかに常連の多い客席と感じてしまった場合、常連でない客にはj高確率で居心地がわるい」と常々おもうからです。

元々、常連さん・ごヒイキさん向けの会って、明らかにわかる(会場規模が小さかったり、大きめの会場でも、事前にチラシとかネット告知で書いてくれてる)場合はいいんですよ。それでも行きたければ行く、敷居が高ければ行かないって選択肢が事前にあるから。

でもね、一般発売でチケット買って出かけたイベントに、その演者さんの舞台を楽しみに行ったら、開演前に隣の席の2人連れが、その演者さんの内輪話から舞台の内容から、周囲に聞こえる声で話していたり。あと団体系の客が「○○さん久しぶり~」なんて挨拶したり、ガヤガヤしてると。テンション下がります。「うるさい」それだけ。そういう経験も、数をこなせば(くどいですが、20年も通ってれば)「チッ、今日の客席はハズレだな、舞台に集中しないと」と、諦めて観ますが。こういうのが多いイベントや劇団って、一見さんや初心者のお客に悪影響な気がする。簡単にリピートしづらいんです。催しの内容と関係なく、その周囲の取り巻き、お友だち的な空気が、ストレスやダメージを与えるから。わたしは長く応援している演者の舞台やイベントに行くのは、一人で出かけるのが圧倒的に多いし、終了後はアンケートを書く時を除けば、すぐ帰る。ライブの余韻って、自分にしかわからないから。

そして席について、指定席の舞台って、見やすさから言えば、中央~前がいいです。会場次第では大分異なる部分はあるものの。でも、みんなが見たい席で、そこを取りに行くのって熱心なファンが多いし、元々ファンクラブとか関係者席で多くが元から決まってたりするのが多い。そうすると、そういう「ホット」な空気のする席って、見やすくても、独特の感じがして、それが苦手な人(わたし)だと、時には途中で帰りたくなるほどつらい。

そこで自由席の舞台が好きです。「見やすい席」より「「空気(自分にとって)」の悪くない席」をその日その日で選ぶ。見やすい席、は人気イベントであればあるほど諦めます。もちろん指定席のみ発売のイベント(人気度が高いほどそれが普通ですし)も行きますけど。あと、指定席でも、あからさまな関係者や特定優先席のなさそうなイベントを優先します。うまくいえないんですけど、主催者のタニマチ的な人に、いい席が用意されている、それは当然と思います。ただ一般客にまで、細々と区分けをしてほしくない。だったらシークレットかファン専用イベントとして別で、一般客以外のイベントとしてほしい。

観る側の防衛策として、そういうイベントを避ける。私なりに編み出しています。

①超人気のチケット即完売イベントは、覚悟して行くか諦めて行かないか二択。

②指定席のみ販売のチケットは、なるべく事前に席が選べるところで買う

③当日券のみのイベントは、客席に着く前にその場の雰囲気をみて慎重に選ぶ

④チラシやネットをみて、内輪の空気が強そうなイベントは行かない(好奇心であえて行くこともありますが、疲労度が高いケースが多いです。でも、そういうイベントで逆に面白い時もあるんで、全否定できない面もあります。わかってて行ってるんで文句は言えませんし)

⑤懇親会、打ち上げ付きのイベントは行かない。(逆にクールな客がホットなお客さんの邪魔になるので、面白そうなイベントでも遠慮しています)終了後のアフタートーク(客は聞くだけ)付きのイベントは別です。

⑥無料のイベントは行かない(客層が雑多すぎて、私にはストレス)

 

映画館や劇場で、パスポート制とか友の会の制度とかのシステムって、新たにスタートするニュースもありますけど、逆に廃止するケース(ニュースリリースにひっそり書いてあるときがある)も見かけます。廃止の理由って、私のような考えの人も、それなりにいるんじゃないかなって思います。固定客(常連)ってどうしても、時間に余裕が有るとか、前払いで料金を払っても確実に通える、とか層が偏るので。

「ふらりと」通う・「寄り道的」に通う層のほうが、いい客だと思うんですけどね。

わたしは、確信的に通うイベントでも、主催してる人と距離を縮めないように足を運んでいます。(チケットを買うときに主催者から直で買ってる場合は、自分が常連となってる場合もあるので。。)演者さん個人と親しくなりたい、とか他のお客さんの感想も知りたいとか、そういう発想はないので。一番の応援は、金出して会場に実際に足を運ぶことだと思うんですよ。

劇場とかホールで、積極的に固定客を作る路線はやめてほしい、と切に思ってたら。長いですね。外食をあまりしないので、想像ですが、常連客の多い飲み屋とか、明らかに苦手です。