500円から投資中。

30代バツイチ、貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

現物株で損してる原因分析&趣味雑記

含み損で、反省しきり。

 

積立投信は、500円積立も他の投信も、トータルはプラスです。

含み損を抱えているのは、国内債券の投信とJリートの投信。(両方インデックス)

1,000円くらいなので、そのうち何とかなるだろう、と放置中。

 

で。現物株で保有している1本が、ずっとマイナス6,000円前後の含み損。

上がる見込みが読めないし、無配・優待なしの銘柄で、

これからどうしよう。。

他に買った株は、上下してますがトントンでプラスだし、配当もあるので、

持っていて、楽しい部分があるのですが。。

 

何で、結果、マイナス続きとなっている株を買ったのか、理由。

日経平均20,000円突破で、市場全体がホットな今の波にも乗れずに、、)

①「なんとなく」取扱商品が好きだった。

②企業HPに載っている新商品に「目新しさ」を感じた。

③無配だったが、過去には配当があったので、復配したらラッキーと思った。

 

買った後で、株価が下がってきて、よく考えたら、

①取扱商品は、その企業以外にも競合が多く、利益率もいいとは言えない。

 (ググれば、それくらい調べるのは簡単だった。)

②「目新しさ」はともかく、着眼点がニッチすぎて、成長性は微妙。

③復配したら、なんて楽観的すぎ。投資初心者に読みは難しい。

 

銘柄名を書いていないので、わかりづらくてすいません。

その企業の悪口を言いたいのではなく、

私の事前リサーチの甘さの反省です。

 

失敗(かはまだわからないけど)から学ぶつもりで様子見です。

 

額が小さいので、放置しているJリートも、なんとなく買ったら

高掴みしたようで、ズルズル下がっています。

不動産は今がピークなのは、わかってたはずなのに。

やっぱり、わからない物には慎重に接するべきだったのかもしれない。

 

優待目的で、有名な食品株を持ってる知り合いと話していたら

長期保有が前提で、多少の価格の変動は気にしないで、売るつもりはなく、

毎年の商品詰め合わせの受け取りと、配当が何より嬉しいとのこと。

食品株は最低購入単位が基本的に高いので、高値の花ですが

そういう楽しみ方も、いずれはしたいモノです。

趣味は好調。せつなさ半々。(雑記)

赤坂にて、劇団道学先生の芝居「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」を観劇。

先月、劇団桟敷童子のパワーに圧倒されたのですが、

こちらも役者の質・ストーリーともに素晴らしい。

道学先生は、レギュラー出演者の井之上さんの訃報が最近あり、

どんな話になるのか、楽しみ半分、ちょっと複雑な気分で劇場へ。

アフタートークのある日に行ったら、その事にも触れられて、涙じわり。

いるはずの人がいない悲しみ。初日に黙祷した、というお話があって

いちファンとしてだけど、ジンときた。

芝居のストーリーも、同劇団にしては、アハハと笑うだけでなく、

生と死を考える展開が。

そんなに人生上手く行くもんじゃないけど、

生きていきましょうと、情けない登場人物に笑って共感して

帰り道は、また明日も何とか生きていこうと思った。

主人公の作家が、田山花袋の「蒲団」をカルチャーセンターの生徒に

読ませて感想を聞く、という伏線が、個人的に好き。

「蒲団」を知らないと、そのカラクリがわからないので

難しい醍醐味ですが。私も、学生時代に読んでて内容(結末)を

知っていたので、笑えたのが良かった。

(主人公の作家が、結婚しちゃった若い女弟子の使った蒲団の匂いを嗅いで、

 ラストで号泣。という私は普通に笑っちゃった話)

 

カクスコ→道学先生のファンです。

他にも小劇場は行っていますが、原点の舞台。

シアタートップス、青春の思い出。

(お芝居好きの人は、この流れの方は一定数いますよね。)

カクスコはDVDも持っているので、休日にふと観ると止まらない。

「Dust in the wind lyrics 」 Kansas

”アラコアラ”のシーンの終わりに、(ブリッジで)流れる切ない曲。

去年の道学先生の舞台のDVDも、今見ると、見終わったあとで

YouTubeで「朝日のあたる家」を検索して、ぼんやりする。

その前のDVDを見ると、「Saturday Night Fever 」 Bee Gees  を検索。 

ぼんやりする。

去年「雪まろげ」で、井之上さん出演の回を、幸い観ていて、

(代役の方が一部立ってたのは、パンフレットで知ったけど、

 事情までは知らず、深く考えていなかった迂闊さ)

一部降板されていたことすら知らずに、年明けの訃報で大ショック。

他のもっと前の舞台の降板も知らずいたし。。

「ザ・フルーツ2」の公演も、泣きにいく覚悟でチケット取るんだろうな。。

チラシみて、もうたまらない。「愛しのドラム」!

 

株だの投信だのやってる割に、アナログな趣味が支えです。

利確のタイミング

早すぎた利確?

500円積立より前から買っていた投信で、

日経平均が20,000円は行かないな~と思ったときに売ってしまった銘柄が

絶好調。

 

スパークスの「スパークス日本株式スチュワードシップ・ファンド 」

信託報酬が1.8%超。信託財産留保額も0.3%。

13,000円は行かないだろうし、手数料高いし~。利確だ!と

12,000円を超えたあたりで売ってしまった。

でも今も、すごい伸びてるんですけど。。

4月中旬に、他にも一度売った投信が、伸びている。

ちょっと悔しい、グヤジぃー。(東海林さだお風)

 

その売却費用で、現物を買ったので、損をしたわけでもないんですが。。

今後も、同じ思いはすることがきっとあるんだろうな。。

 

含み損を抱えた株は、ちょっと戻してきている。

投信とちがって、毎日価格を気にするのが、楽しいような怖いような。

含み益がある株も、持ち続けるのか売るのか。

 

日常生活を送っていて、景気がよくなった実感もないので、

注意します。 

広告を非表示にする

絶対避けられないモノ

ここ数ヶ月で、親しい人や、好きな役者の訃報が重なり

投資や職場といった日常とは別のところで、つらいときが多かったのですが。

 

読書と音楽で、一人気持ちを整理するのが、一番の薬だった(今も継続中)

 

①本「孤独と不安のレッスン」鴻上尚史

②曲「夢の中」ボ・ガンボス

③曲「It Never Rains In Southern California」Albert Hammond  

 

「人は絶対死ぬ」ってことと

「前向きの孤独」ならいい孤独である

 

それがわかる。

 

覚え書きです。

どれも、私の心情は脇において、素晴らしい作品です。

広告を非表示にする

投信の整理と現物株買った日と、3ヶ月達成のご挨拶

現在価格(2017/06/02)を整理しました。

ファンド名 基準価格
ニッセイ日経平均インデックスファンド 2,072.59
ニッセイ国内債券インデックスファンド 1,999.35
ニッセイ外国株式インデックスファンド 2,042.38
ニッセイ外国債券インデックスファンド 2,033.64

 

8,000円の投資で、プラス147.98円。

 

現在のマーケット(2017/06/02)

日経平均 NYダウ 為替
20,177.28 21,144.18 111.37

日経平均20,000円突破

細々と500円積立をして4か月。

漠然と当分は「20,000円は行かない」と予想していましたが、

ついに超えた~。

来週以降も続くのか?

しつこい私はたいして続かない、と見ている。

金価格が下がらないとか、東芝の問題とか、不安要素が消えていないし。

でも、もちろん、

投信&株式を保有しているので、予想とは別に、急落はまったく願っていません。

このイケイケの状態がどこまで続くのか、それが心配。 

デイトレやったら緊張で死ぬんじゃないかと思った。

 先月の平日。有給を取った日に、気になる現物株があって

指値注文をしたんですが、その日、結局急騰して買えなかった。

で、9時から15時までPCの前から離れられなかった。。

マネックス証券の黄色い画面が、記憶に刻み込まれてしまった。。。

すごい肩が凝りました。そして疲労感と徒労感。

途中、洗濯したり、食器を洗ったり、多少の家事はしてましたが

株価が気になって、ソワソワそわそわ。

その株は、別の日に何回か指値注文をしたけど、上がり続けてしまって

面倒になってあきらめた。

狙った株が上がり続けているって、「私見る目ある?」と調子に乗るものの

今、「株価全体が上がっているから、そりゃそうだ」という事実から

目は背けていません。

それより、無駄な緊張で、有給を過ごしてしまったほうが

勿体なかったような。

急騰といっても数千円の差額で「買える?買えない?指値ちょっとあげちゃう?」

とか、一人、悶々と数時間も執着していたのが、投資の勉強でもあり

ちょっとおバカな一日を過ごしてしまった後悔。

これが2日連続の休みで、続けてたら、どうなってたことやら。。

デイトレ生活って憧れてたりしましたが、無理無理。

四季報とファンダメンタル投資の本を読んで、ざっくりとした値段で

「これだ」と思える株を見つけるのか、自分にはいいと思いました。

あとは家にこもるよりは、街を歩いて、「何が売れそうなのか」を

考えるカンを磨く。株のためだけではなく、大切な視点だと考えてます。

で、現物株はリスクがあるので、無理に手を出すよりは

ノーロードのインデックス投信の方が、精神衛生上は楽。

緊張感いっぱいで、投資にのめり込んだら、

楽しみがギャンブルになり→破滅しそうだから。。

 

 

ブログをはじめて3ヶ月が経ちました。

500円積立といいながら、現物株を買いはじめています。

そして、書いている内容も、ブレまくっています。

迷走しつつも続けます。

アクセスがあると(ない日もありますが)

「世の中には、私のつぶやき(にしては長い)を見てくれる人もいる」

と感じたときが、うれしいです。

気が向いたら、のぞいてくださいますよう、よろしくお願いします。 

積立は堅調、現物は難しい。

投資の成績

500円積立は、8,000円の投資に対して、含み益が124.64円。

一応、安心してSBI証券ポートフォリオ画面を見ています。

 

しかし現物株の成績が、1つ不調です。

含み損8,000円。(投資額は10万ちょっと)

4銘柄を1ヶ月位の期間で分散して買って、残り3つはプラス~横ばいですが、

損を抱えている銘柄は、買った日からずっと下がり傾向。

優待なし、配当も多分ないので、、売るタイミングも考える。 

私の分散投資という考え方

投資が、やや心配な中で(現物株に手を出したのが元凶ですが)

趣味に助けられている。

①読書。お金がかからない!場所も選ばない!

図書館でリサイクル本をもらってきて、文芸誌をはじめて丸1冊読んだ。

小説すばる

文芸誌って、図書館でチラ見したことはあったけど、

よく読むと意外と面白かった。

沢山の作家の小説が一挙に読める。新たな発見。

知らない作家が何人もいて、また読みたい本が増えてくる。

②芝居。座っていれば、目の前で極上のストーリーが展開。

お金はかかりますが、生モノはいいです。芝居。

GW中に、アングラ(と言い切れるかな)直球の劇団のお芝居を見たのが

今月の収穫。「桟敷童子」『蝉の詩』が大収穫。

明るいストーリーじゃないんだけど、人々の生きる姿を

これでもか、これでもかと、緻密で激しい演出で客の心に問いかける。

家族とか、生きることとか、照れくさくて日常生活で直球で考えづらいテーマ、

目を逸らさせずに迫ってくる。

役者の演技、ストーリー展開の緩急。中盤から涙目で見ていた。

客席も泣いてる人多かった雰囲気。

役者が、直に客入れとお見送りに丁寧に関わってくれるのも、

特に劇団に知り合いがいるわけでもない一般客には、嬉しかったりする。

同じ系統だと、流山児★事務所とかも、大好きです。

 

③ペットのインコ。気を使わなくていい!

ペットは趣味と言っていいのか、ちょっと語弊が。

目が真っ黒なのもいいんです。細かい視線を気にしなくていい。

つぶらな瞳がたまらない。

 

投資は趣味として楽しんでるものの、ズバリお金が上下するので

本とか芝居とか動物とか、裏切られない趣味を持っておくことで

気持ちのバランスを保てるような気がします。

これも一つの「分散投資」。

セルフレジ考(雑記)

大手コンビニがセルフレジを

2025年までに国内全店導入!!

 

というニュースを先月見て、

その頃はちょうど現物株を物色していたので、

ルフレジ銘柄って何ぞや?と調べたりしたのですが。。

 

それ以前に、恥ずかしながらセルフレジを、使用した経験もなく。

アタマの中で「これは儲かるかも?」と考えても、実感もわかないので

「駄目じゃん自分、体験体験♪」と

遅ればせながら、先週、セルフレジのある西友で使ってみました。

 

じゃがりこと、500mlの紙パックの麦茶を1つずつ買ったのですが、、

楽!

自分でスキャンするタイプのレジで、操作方法に少しとまどいながらも

数分で完了。つり銭もスムーズに出た~

 

夕方だったので、有人レジも列はできていましたが、

2・3品の買い物ならセルフレジで十分だわ~

と恐れ入りました。

 

でも、「これは将来、レジ打ちや袋詰めの仕事がなくなるわな。。」と

学生時代にレジバイトをしたことがあり、

それこそ何かあれば、とりあえず近所のスーパーかコンビニで

レジやりたい!と思っていたこともあって、軽い衝撃でした。

 

ただ、「有人レジに並ぶ人が、将来ゼロになるか」

無人レジを使えない(使いたくない)人が、将来ゼロになるか」

と考えると、それもないよね、とも思った。

 

大量の買い物をした人とか、高齢の人とか、子供連れの母親とか。

自分だって、超疲れていて、重いペットボトルをカゴに入れていたら

有人レジに並ぶはずだし。

 

投資の観点では、これはイケル?と強気、

生活の観点では、世の中から仕事がまた一つなくなる?と弱気に、

なりましたが、まぁ「焦るなワタシ」と思った(なんじゃそりゃ)

 

AIの発達で、「なくなる仕事」について、勝手に想像して、最近おびえているんですが「なくなる」というより「減る」というのが、少なくとも自分が生きている間のスパン(50年程度)では正解だと思う。

介護ロボットがいくら発達しても、ロボットが配膳や清拭をするシーンは、まだ想像できないし。

ドローン宅配便は実現しても、引越し屋さんはロボットには無理だろうなぁとか。

よ~く考えれば、楽観的になれる。

 

「おびえる」より「使いこなす」神経とタフさが欲しいものです。

広告を非表示にする

500円積立でよかった~(500円じゃない方は、汗)

モヤモヤしっぱなしです。。

500円積立のトータル損益は「昨日の時点」で、

6,000円の投資に対して、含み益が167円。

国内債券インデックス投信のみマイナスで、

国内株式、外国債券・株式インデックス投信たちはプラス。

 

しかし!

500円積立以外で、買っている投信や株が

この2日程で、グイグイ下がり、、さぁどうしよう。

株は現物買いで、購入単位も投信と変わらない価格の物を選んだのですが

3本買ったうち、1本が、ちょっとヤバイです。

含み損7,000円。(投資額は10万ちょっと)

精神的に、思ったよりつらい。モヤモヤと不安な心理。

 

残りの2本の含み益とトータルすれば、トントンなのに。。

 

仕事が忙しかったり、部屋が散らかってきたり、

他の部分での、メンタル面も影響していますが。

 

生活費とは別のところでやる、というのが大前提なものの、

投資をしている人の体験談を読んで、含み損からナンピン

信用取引やFXに乗り出す人も一定数いることもわかる。

損がちょっとでもあると、逆張りして取り返したくなる心境。。

(私の場合は、借金が怖いので、最悪投げ売りして猛省するタイプ)

 

国内債券インデックスの価格が動かないことに、焦れていたのに

逆に今、分散投資の方がリスクが少ないことを実感してます(笑)

 

あと積立ている投信は、長い目で見る意識が自然についていて、

数日単位でカリカリしないのかも(。。)

 

セゾン投信で含み損が、1ヶ月~以上続いてた時期も、

振り返れば、全然今より楽観的だった。

積立の場合、なんとなく投資総額は増えてるから

価格の上下にもいい意味で、鈍感になれたのか。。

 

銘柄選びの基準は

①「自分に営業内容がわからない会社は買わない」と

②「財務状況(自己資本比率)のよくない会社は買わない」と

決めています。

含み損を抱えてしまったのは、②の読みが甘かった、です。

もうちょっと財務諸表をよく見れば、、と

 

買ってから、気づいた。

 

これから、持ち直すか、損切りを考えるのか。。

500円積立の存在に、ほっとする本日。 

 

反省中です。