500円から投資中。

30代貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

平日のある日。株と職務経歴書。やめる直前の思い出。

平日、家にいると、証券会社のサイトをつけっぱなし。

悪い時期です。下げ調子です。無配の株だけ、早く売りたいのでタイミングを考えて、あとは塩漬けでいいやと気にしないようにしている。気になるけどね。

優待ある株は値崩れが小さかったのに、決算発表の予想外の不発とトルコ関連で最安値更新。底が見えたら買い増しもありだけど、底が見えない。。

 

職務経歴書を作ると、結局、直近の思い出したくもない職場のことをリアルに頭の中で整理しなければならない。

これが苦痛

やった仕事を淡々とたな卸しして、文字にするしかない。

あとは退職理由。いかにでっち上げるか、です。

詐称になるような数字のねじ曲げとかはしませんが。職場の人間関係とか、残業が苦痛だったとかは(超長時間残業でも、ストレートには言いづらい)積極的によろしい理由ではない。

実際にイヤになったのは、その2つで、わたしに限らず退職理由の王道ですが。

あと第一の理由ではないですが、「けなしてナンボ」の雰囲気の職場はモチベーションないな、ってのが大きかった。気に入らない案件は全て頭ごなしにケチ付け上層部に、しがみ付き中間層がストレスのはけ口に若手をイビる。若手は心を病んで、目が死んでいく。。イビられて、長時間サービス残業で、新卒が3年持ちますか?って、あきれかえって疲れた日々。おばちゃん(わたし)は残業増加でやりきれず、隣の部署の外周りの新卒2年目の男の子と話しても「修行と割り切っても何の達成感もないっす」と言われ「転職組のわたしから見ても、長く勤める職場じゃないね」と暗い目を交わして喋った終電間際。それから割とすぐ、新卒2年目は転職先を決めて、超忙しい時期の直前に、さらっと華麗にやめていった。引き継ぎでモメてたけど、そんなの残された奴の仕事だろうと、冷ややかに思った。自分が辞めるときも、引継書と、「今後の業務改善用のまとめリストと手順書」を作るように言われて、「ハァ?」と。引継書はともかくリストなんて、誰が作るか!業務改善用なんちゃらは作ったフリして無視、うっすい引継書だけ提出(笑 そんなもんです。

辞めるときに「これからどうするの?」とか聞かれるのが、一番うざかった。もちろん「それはちょっと、、」と無視ですけど。こういうときに結構しゃべる人もいて(退職者の多い職場だったから)、しゃべんないほうがいいよ、と思った。

基本、やめた人間は、退社翌日から悪口大会の主役だから。定年退職者かつ人徳者以外は、妬みの対象だから。やめた理由が、何であれ。

なので、辞めると決まった瞬間から、貝になるのがベスト。寿退社(今は少ないかな)でも、幸せオーラを撒き散らすと、妬まれます。

 

 かりそめの自由でも、実際に辞めると自由さに体がほぐれます。で、辞めた方にすれば、職務経歴書を作るときは別として、辞めた会社のことなんて、1ミリも興味ないです(怨みはあっても関心はないでしょ)。

何が言いたいのかわかんないけど、辞めると決まったら次へ!

がんばれわたし。今、何かの事件に巻き込まれると、「無職」とテロップが出てしまう。こういう小さいことを気にする自分が嫌です。

さぁ午後は少しはマイナスが戻るか。マネックス証券画面へ行ってきます。

マネックス証券の画面が真っ赤だよ。インコのつぶやき。。

インコにつぶやかせて、現実を直視しない自分。。

現物株が8種類、全部含み損です。

どひゃー!400株持っている株が、損失の7割占めてます。

分散投資という言葉を100回は唱えた方がよさそうです。

伸びる分野だと思うんだけどな、、でも今はマイナス10万超え。キツイです。

f:id:tumitumi500:20180818041055j:plain

「僕の食費は、節約しないでね。。」(ピー太5歳♂、心の叫び)

 しません。葉っぱもきちんと買います。

私だけが食べる野菜は、もやし中心ですが。インスタントラーメンも、PBブランドで5袋200円しない奴がお気に入り。

無職、分をわきまえて生活しています。つーか、株の今後はどうしよう?

まだ、余裕資金なので、放置ですが。余裕資金じゃなくなってきたら、、妄想ではないのが無職の切羽詰まり感。

相変わらず、寅さんシリーズの映画を、手持ち無沙汰になると見る日が続く。

好きな人はみんな故人。さみしいところです。

インコがひとこと。お盆ど真ん中。

一日、時間があると、ペットとの関係も密になります。

が、彼らも、最近から飼い主が平日もずっと、家にいるのが不思議な様子。。

 

きのう求人サイトを見て、昼寝後。我が家にいるインコさまを放鳥。

男はつらいよ」のDVD(知人の親が全巻コレクションしてて、ありがたくタダで貸してくれる)を見ていたら

「寅さん見て笑ってるけど、寅さんは不定期でも働いているし、恋もしているよ。。」そんな顔で、思いっきり上から目線で見られました。

インコの気持ちを代弁。今日は株も下がってるしなぁ。大変だなぁ。

f:id:tumitumi500:20180815134917j:plain

支出を減らす~定職を手放すことを考えてから

勤め先をやめることを考え始めて、真っ先に考えたのは

「当面の生活費」です。

いずれまた勤め先を探すにしても、しばらく無収入でやっていくために。

減らしたものは以下。

・食費

・投資金額(今、必要でないもの)

・資格の勉強や維持費用

 

・食費は、出来合いの惣菜を減らす。安売りでも金額の大きいものは買わない。無駄食いを意識してやめる。(アルコール、お菓子など)

・投資金額は、投信は積立の中止や減額、解約もしました。あと含み損が膨らんだ現物株はとりあえず保留。ナンピン買いの誘惑に負けないように注意してます。

・資格の勉強については、一旦ストップ。精神的に余裕がないことと、「資格の勉強ってどこまで有効性があるのか?」と自分の中で疑問が出ているからです。

 特に、FP資格については、今年に入って早々と退会しました。(AFPは会員制で、毎年12,000円更新料がかかる。資格維持のための勉強にも費用がかかる)FP資格は、積極的に資格を活かして働く意欲があれば、役に立つ資格ですが、「なんとなく」持っていると、金ばかりがかかる資格です(ちょっと辛口?)またAFP資格を返納(FP協会を退会)しても、FP技能士2級の資格は残るため、「FPです」って名乗ることは今後もOKなんですよね(「AFPです」って言うとアウト)

資格にこだわらず、英語の勉強なんかは、気が向いたらやるつもりですが、**検定の類からは遠ざかっています。(テキストは取っておいてます)

いつまで定職のない(要は無職)時期が続くかはわかりませんが、生きていきます。

やや文章が冗長です、不安定かな。。

 

寄席・都内4席に行ってみた感想です。

先月で、寄席の定席4箇所を制覇したので感想です。

(※超・個人的感想なので、「違う」と思われた方はごめんなさい。また私は客席の音やマナーに神経質なので、その辺りの細かい記述にはご容赦お願いします)

書いている本人は、今は、職探しと、これまでの疲労が一気に溜まって外出意欲が急に減ってしまい、アマゾンプライムで映画を見るのが日常になりそうですが・・

出かけるにしても映画の方が、費用が安く、心身カラッポでいられるので、寄席はボチボチ、息抜きがてら行こうと思っています。

 

浅草演芸ホール

・何でもアリ。観光地であり団体客が多かったり、某新聞の招待券の客が多かったりで、マナーや客質は昼夜通じてカオスまたはデンジャラス。夜の遅い時間帯(18~19時以降)なら、多少は落ち着きますが、酔っぱらいの遭遇率も高い。

・観る分には敷居は低く、神経質にならなければ気楽。出演者が多く、演目もバラエティに富んでいて楽しいです。

・アルコール含む、飲食OKなので酔っ払いとアルコールの匂いが苦手な人は注意。

・昼夜入れ替えなしなので、好きな時間に行って帰ることがしやすい。夜割も公式にあり、工夫次第でコスパよく見れます。

新宿末廣亭

・浅草をとても快適にした感じ。アルコール禁止なので、酔っ払いは基本的にいないです(飲酒後に入場したと思われる人を見かけたことはあります)

・演者さんの持ち時間が短いので、軽いネタが多いです。

・桟敷席がイイ雰囲気。ただ桟敷に座る人は、くつろぐ(それ自体はいいんですが)弁当ガサガサとか、椅子席にいると、端の席でも多少は気になります。自分が桟敷に座る場合は、足のしびれ等に覚悟。物音マナーに注意。

・客席は若い人も多く、子どもがいると、ネタものんびりした感じの時もあり、初心者におすすめ。マジックで子どもが手伝うと、大体面白くなる(笑

鈴本演芸場

・きっちり落語が聞ける。

・会場の清潔感は一番。

・場所が近い浅草との、客の住み分けがされている感じもあって、デンジャラスな空気は少ない。(場所が近いので浅草っぽい客もいる。見事に空気を壊すケースもあり)

・昼夜入れ替えがあるので、ただ居座ってる謎っぽい雰囲気の人は少ない

・昼夜入れ替えがあるので、好きな出入りは不可。昼トリ~夜の仲入り前に帰る、とかフレックスな計画は立てられません。

・アルコール込みで飲食OK、各席にテーブル付きなので、匂いでツライ思いをすることもあります。(浅草なら許せても、鈴本だと精神的ダメージがでかく感じることもあり)

落語協会のみの定席なので、芸術協会の演者さんは出演なし(笑点メンバーの寄席を期待しても全員揃う可能性はナシ)

池袋演芸場

・きっちり落語が聞ける。

・客席数の少なさ(90)、地下2階という場所もあって、初心者向けではない。

・ライブ感が好きならたまらない。逆に、気楽に見たいなら、演者との距離が近すぎて、疲れてたり眠い時は、体力を消耗する。自分には合わない演者さんなのに、周囲が盛り上がってると、ツライことも。。

・ライブ感が他の3箇所とは桁ちがいに大きい。演者と客席が盛り上がったときの一体感と高揚感は半端ない。(その逆もあり。ひたすら疲労感をともなう時もあります)

・飲食OKでアルコールは禁止だが、席がテーブル付き(各席の密着度も高い)のため、飲食する人も多い。客席の照明が明るく、舞台とも同じ明るさなので、隣の人の飲食が気になる時もある。演者からも丸見え。(いじられる人もいる)

・客層が、常連っぽい方々や、演者のファンが多そうな日は初心者には微妙な居心地のときも。またマニア向けの寄席なのに、単なる観光風味の客がきて、傍若無人に振舞うと、席移動では対処できず、台無しになる。係員の人の注意を期待しつつ、運が悪かったと、あきらめる場合多々。ただ池袋は、迷惑客に注意してくれる客もいて(他の3箇所より多い)、その場合は胸がすっとします。(公共の場と自宅の区別が付かない高齢系の複数客を常連(と思われる)の一人客のおじさんがビシッと注意するとか。注意後も、また騒ぎ出すケースもあって、どうしようもない日もある)

・入れ替えなしの途中外出可(荷物置いて長時間はNG)なので、食事などで外に出られる(常識の範囲で)

わたしの行きやすい(≠好き)順は

鈴本、末廣、浅草、池袋、、です。

とはいっても、演者さんが誰か、とその日の客層で、全然感じが違います。

鈴本で酔っ払いや、異様に笑って邪魔な客が近くにいるよりは、浅草で一固まりでざわつく団体客のほうが許せる場合もあります。団体客は、数時間で一気に帰る場合もあって「どこかで帰るだろうしガマンするか」と期待が持てますが、鈴本は途中で帰る客は少なく、昼席で早い時間から混んでて、カオス濃度が高いときは、周囲の音だけカットする耳栓が本気で欲しくなります。。

あとアルコール。場所柄、禁止推進を!とは言いません。(でも酔っぱらいがサゲをつぶやいたり、変な相づちを普通のシーンで入れたりすると、どくさいスイッチを速攻押すか、石ころ帽子をそいつに載せてやりたくなります。)寄席に限った話じゃないですが、飲酒率は減ってる割に、飲む人が人目を昔より気にしなくなったと思うこのごろ。

まあでも、一度は休日にフラっと立ち寄るのに、いい場所です!

親子とか家族ってめんどくさい

仕事をやめたことを、親に話したら。

はい、後悔しきりです。

「このご時世、残業は多少はガマンしなければ、あんたの根性が足りなかったのでは」

「で、次の就職活動の見通しはどうなの?明日からの計画は今からすぐはじめてるんでしょうね?」ねぎらいの言葉が数分ありましたが、あとは精神論と説教をかまされてしまった。ちゃんと、当分は貯金や保険で生活の見通しは立っているし、働く意欲がないわけでないとも説明したんですけどねぇ。数週間か1ヶ月は体を休めたいといったら、イヤな顔をされました。。

いざとなったら、頼る可能性(失業保険が切れたあともプーだったり、体調崩したらヘルプの電話をするとか)はないですね。。

もともと、親との関係は良くなかったので、ある程度の予想はしていたものの、なかなかつらいもんがある。

結婚してたとき、子どもを欲しいと思わなかったのは「親になる自信はないし、子どもを可愛がる自信もない」ってのが第一の理由だった。その思いは正しかった。

とにかく、自分を頼りに、しっかり一人で生きていくしかない。

 

株関連のニュースで気になるのは、そんなこともあって、大塚家具

現社長の経営手腕が一番のモンダイでしょうが、ワンマンの父のやり方がベストだった感じもしませんね~。私は結婚したとき、家具は無印で割り勘で買いましたが、結婚相手もとくにこだわりはなく、数時間であっさり決めた記憶があります。(離婚したときは、相手が「捨てるのはもったいないから使う」といい、私は記憶に残したくなかったので、その点では快諾、意見は一致しました(笑))いったので全部わたしました)結婚している知人が、10年以上前ですが、新婚家具はすべて大塚家具でそろえた、ってニコニコして話していたのが懐かしい。それ聞いた私も、当時は素直に、いいなあって思ったものです。しかし今は赤字決算もヤバイ(ってか存続できるんかな)し、家具って長く使うし、いろんな思い出の染み込むものだから、こんな経営状態の会社の家具じゃあイメージ的に買うのをためらうのが一般人の感覚でしょう。。(超爆安セールとかなら、かろうじて気にしないかもだけど)

年初最安値あたりを言ったりきたりし、ストップ高になったり。100株で5万以下だから、興味はしょーじきありました(反省)でもメンタル的にもギャンブル的にも、うっかり買うには分が悪すぎる。ただどの企業が救済に入るのか、どこも入らないのか、というところに興味はあります。

同族会社って、同族以外にはすごい無力感の漂いがちなケースが多いので、そこで働いている現スタッフもしんどいのではないか、、

って私がそんな余裕をかました感想を述べる資格はありませんが。

ただ同族会社じゃなきゃ、社長交代から3年かそこいらで、ここまで会社が傾くってことはなかなかないなあとおもった。悪気はなくても、公私の区別がつきにくくなりそう。

私が20代のころに、同族というか、コネで役員の親族がいる会社がありましたが、そのコネ社員の給料について、ありえない金額だとよく噂が流れていました。やってらんないよと、経理の社員が言っていました。そんなもんです。

人手不足と言うけれど、リアルに探してる人の実感。

失業保険の手続きでハローワークに行った感想です。

人手不足で雇用改善!なんてウソです。

諸手続き後に、窓口で相談員の人と話したら、「求人倍率は業種ごとによって差が大きいから、オフィスワークは倍率とても高いですよ!」とシビアなお言葉をいただいた。

ハロワ経由じゃなくても、仕事探しの方法はいろいろありますが、求人情報をしっかり見ると、正社員だけど責任重くて残業多くあるか(求人票の表現が「幅広くお仕事してもらえる人」「たくさん稼ぎたい人」とか「このご時世、正社員で雇うんだから何でもやれよ、残業だってしっかりさせるし」ってグレー感のあるメッセージフレーズがある)、非正規なら責任はそうでもないけど、何かあったらすぐ切られる可能性高い、求人に二極化してる気がした。

あと保険をもらうために、会議室で受給に関するビデオ(映像)を見せられるんですが「不正受給はダメ!」って脅しのように、色んなケースが紹介される(笑、っていいのかな)。

働くことは大切だけど、国も会社も、いいから働け、すぐ働け、文句言わず働け、って追い立てている感じがする。

話はそれますが、オリンピックのボランティアとか、条件めっちゃ図々しいし。熱中症で倒れるリスク考えたら、フツーにコンビニやスーパー、コールセンター、能力あれば塾講師で短期でサクっと働く方が、人生経験にも仕事経験にもよっぽどなるとおもった。たとえば豪雨災害ボランティアのニュースなんか見ても、無償で働けるレベルの作業じゃないし。仮に参加するにも、体壊して医療費がかかったら、仕事探しだってできなくなる。結局、一般人には募金しかない。その募金だって透明性がどこまであるかわかんないんですけどね。

矛盾がアチコチにあるなぁと、深くかんがえると苦しい気分になる。

 

こんな生活なので、食事は自炊が当たり前になる。もやしが大活躍!肉と炒め、ラーメンに乗せ、味噌汁に入れる。

暑い夏。まぁのんびりもしてらんないけど、焦らないようにしよう。

 

ちなみに。株はマイナスがそれなりに膨らんでます。定期収入がない以上、塩漬けです。。セゾン投信を、先月まとまって部分解約して、多少現金を増やしました。500円積立はもちろん続けています。きちんと今も、プラスです。