500円から投資中。

30代貧乏ながら適当に暮らす日記です。投信積立で老後資金を作ったり、ボケ防止に勉強もしています。

芝居好きが寄席に行ったら、ばっちり面白かった。

今年度になって時間ができたので、寄席に何度か行った。

これまで15年程、小劇場中心に舞台鑑賞が趣味ですが、落語はたまにホール落語(独演会か二人会)に行くくらい。

落語って、「笑点」をほぼ毎週見ているので、「わざわざ足を運んで見に行かなくても、テレビで見れる」「好きな噺家さんの独演会(「笑点」に出てるとか、芝居関係の雑誌に名前が出るくらいの知名度の人)に行けば十分」と軽く考えていた。あとローカルの「浅草お茶の間寄席」もよく見ます。

甘い。甘いぜ。

上記の感覚で、寄席に行った。場所は、浅草、鈴本、池袋。

世の中には、こんなに芸人さんがいるのか?という驚き。

寄席=落語、とさらに浅い感覚で行ったため、色物(漫才とか紙切りとか)が落語の合間にチョコチョコ入るのにさえ驚き。

個々の芸人さんの好き好きより、寄席特有の空気がたまらない。ずっと芝居に慣れていたので「客席が明るい」ことから衝撃。「客は、演者が完成させたものを観る人」っていう前提が、少なくとも私にはあって、その前提の中で、「面白い芝居だと客も盛り上がってきて、さらに面白くなる」っていうのが好きだったんですが。落語の場合、いきなり演者さんが「客の空気を探る」(探ったうえで、その日のネタ(お話)を決める)のに、はじめは面食らった。まさか噺家さんが、一人一人の客を見てるワケないだろう、と思っているんですけど、そうでもない(らしい)ので、客席が50人切る場に居合わせると、客が緊張するという不思議な感覚。あくまで、私の感覚ですが。。

感想が吹き上げるようにあって、1回じゃ書けないのですが。とりあえず、短期間で3箇所の寄席に行って。場所でずいぶん違うんだな~って思ったことだけ先に覚書き。

浅草演芸ホール:ザワザワしてた。昼(15時から)夜通しで見た(私もヒマ人?)んですが、客のおしゃべり、ケータイ使用が普通。2回行って、どちらも団体客と一緒でしたが、私の親の年代(あえてボカす)の団体客のマナーが怒りで震えるレベル、人気の噺家さんのここ一番のサゲでケータイを鳴らす。。逆に中学生修学旅行の団体が、大ウケで感じも良く、すっごくホールの空気を温かくしていた。演者が多い、鈴本より一人一人の持ち時間も短いので、良くも悪くも、何でもアリ、大量に落語から紙切りから何でもある。時間の都合で、落語家がトークのみで終わる場合もあり。

鈴本演芸場:大人(?)の雰囲気。夜行ったら、客席6割位だけど、それが普通という感じ。浅草同様、飲食OKで椅子にテーブルも付いているのに、客のマナーは全然浅草よりよい(笑 他の2ヶ所と比べて、各噺家さんの落語も、わかりやすくて帰り道に「楽しかった」と素直に思えた。紙切りが、浅草より豪華(スクリーンがある)、お得感あり。昼夜の入れ替えもあるから、時間もきっちりしてて安心して見れる。

池袋演芸場:客席と高座の距離が近い!ハマったら、毎週行きたくなりそう。行った日の出演者が、マニアックだった(一人の噺家さん自身がマクラで言ってた)ようで、客席と高座の空気が濃かった(はじめて行った自分も最初は面くらいつつ、楽しい時間だった)。客数は50人位でも、元のキャパが小さいので、寂しさも感じない。小さい劇場で盛り上がる芝居の延長上の感じ。

こんな話を、友人(年下の女性)にしたら、一緒に行きたい!、と言われてしまったのですが、どこがいいのかなぁと考えてます。

うーん、浅草ですかね。。っていうか本音は、一人で行くのがラクだから、映画に行くことでお茶を濁したいんですが。。(じゃぁ、そんな話するなよってのが正解ですが、嫌な奴だ。。)笑うポイントとかで、余計な気遣いとかしたくないしなぁ。

ちなみにネタで、「子ほめ」と「たらちね」を2回ずつ、体験しました。「子ほめ」ははじめ、前座さんで聞いて、あまり気にならなかったんですが、別の日に超有名な真打の方がやってるのを見て爆笑。

寄席って、当日の朝に「あー今日はすることないから行くか~」ってノリで行けるのもいいです。芝居や同じ落語でも独演会だと、前売券で行くことが多いので、気楽に行けるものでもなく。。

ついでに書くと、ローソンチケットで検索したら独演会が即完売する人でも、寄席なら、その日の気分で気楽に一席見れるんですよね。

来月、また1回は行けるかな。。

株と投資信託、整理しています。

持っている現物株&投資信託、銘柄数を半分程に絞って整理しました。

現物株ー4銘柄

投信ー3本と500円積立4本

 

現物は、今月は、銘柄の入れ替えが多く、1年以上持ち続けている株は1本のみ。あとは新旧入り乱れています。一度売った株が下がったので、2回目の上げを狙って買ったら下がったり、やらかしたりしています。。決算好調を予想して買い増しして、益を増やしたのもあります。わーい!ただし、マイナス10%まで損が膨らんだ株の損切りもしたり(マイナス5%まで戻したところで手放し)。

今日の日経平均22,930.36円。手元にある株雑誌ZAIの予想では、一番高い予想が23,000円(4/23~5/18)で、「絶対外れる、20,000切るんじゃない?」と意地わるく予想してましたが、外しました。来週の予想はどうなるんだろう、この雑誌、頼りすぎるのも不安ですが、楽しいです。

今の成績は、株も投信もトータルでは含み益。ただ、高値づかみした銘柄が、ホント重いです。「欲しい」って思って、高めの指値を付けて、後で下がるパターンをやらかしてます。益を重ねてるのは、よく調べて、無理ない値段で指値してる銘柄です。熱くなってはいか~ん!テーマ株探しが楽しいんですが、市場平均が、全体的に上がっているので、冷静にならないと・・

投資信託は500円積立とセゾン投信の積立のみ。例外で国内債券投信の500円位損しているものも、普通預金の感覚で持ってます。国内株式、ひふみ等の投信の積立は一旦ストップ・売りました。小さい額ですが、管理が面倒だし、そろそろ下がるかもだし、、と。

来週は株の整理も、上げ下げによってはしたいところ。ニュース、為替、金、、景気がいいとはまったく思えないし。。

はたらけど、はたらけど、、だから株が好きになってしまう。損もありますが、現物でやってる限り、給料仕事よりストレス絶対少ないです。来週の市場を楽しみに。。

5月、連休最終日に思うこと(①かも。)

先月や休み中に、ほぼ同じ値段(4,000円台)で、「超よかった舞台」と「??な舞台」を見たので、その「超よさ」と「??」について。

・超よかった舞台

温泉ドラゴン「嗚呼、萬朝報!」

存在は知っていたけど、スケジュールが合わなかったりで、はじめて足を運んだ劇団。とはいっても役者さんは、半分以上の方を他の舞台で何度も観たことがあるので、最初から期待満々で行った。まずチラシがかっこよく、ネタも面白そう!そして行ったら、客席超満員。補助席を通路も埋めてガンガン詰め込んで、立ち見の人までいた。自由席なので、早めに行ってよかった。。そんなに笑いが絶えない話でもない(少なくとも私が行った日は)んだけど、濃くて味があってメチャクチャかっこいい。

なぜか印象に残る、好きなシーン。→お金を融通するセリフの中で、「2万円必要」って部分があったのですが、「ちなみに 2万円は100年後では約2,000万円です」って役者がさりげなく言ってくれる。こういうの好きです。連発はしなくていいですけど。あとは、舞台のテーマの「萬朝報」が日露戦争について開戦論にかたむき、仲間が割れてしまう悲しいシーン。開戦論に転じた主宰に、秋水が「100年後に絶対後悔するぞ」っていう主旨で、非戦論を語る。とても心が揺れた。100年後の現代にいる自分たちへのメッセージ。こういうシーン、テーマ。やっぱり舞台以外のメディアでは厳しいなぁ。だから好きなんだよと思う。他にも、重くないもっと楽しい部分もたくさんありました。ホントに最高に良い芝居だった。

・??な舞台

公演名は伏せますが、都内某所の200人クラスの劇場で見ました。いわゆる「前衛的」系な舞台。チラシがかっこよかった(ホントにかっこよかった)、宣伝文もそそるものがあった、出演者にも、何人か他の芝居で気になってた人がいた。なので。これは当たりかも?って期待したのですが。。結局、何言ってるかわからない話&話がわからなくても他に気を紛らわすシーンもない。。感覚的に辛い状況で、開始30分で「つらい」1時間で「起きてるのもつらいけど爆睡したら失礼だし、いっそ帰ったらまずいかな」とまでな心境に。。ダンスとか歌とかってのも、趣味のモンダイで、合わないと客としても疲れてしまう場合があるんだよなぁと、観劇中に内心で自問自答が続いてしまった。まぁ最後までキチンと見ましたが。そもそも開演の時点で、この芝居も全席自由席だったのですが、20席くらい、センターど真ん中のベストゾーンに「関係者席」ってデカデカと紙が貼ってあり、まずテンション下がりました。もっと他に、やり方あるんじゃん?って(笑 舞台で関係者席が区切られてる場面に出くわしたことは何度もありますが、堂々としすぎ、、って。で、その他の席は満席に近いのに、関係者席は開演ギリギリまでスカスカという、最悪のパターン(と思う)だったし。

舞台って「合う」「合わない」の感覚、はっきり言って「好き嫌い」で判断が出がちなエンタメだと思うので、ここで文句つけたお芝居も、「合う」人には良い芝居だったであるとはわかるんです。

ナマモノだから難しい。この内容が、もっとチラシで想像できてたら、行かなかっただろうなぁと結果論の感想。

とりあえず、「客席がとまどってて演者がやたら楽しそう」って公演最中に感じちゃうと、熱がさめます私は。

もう一つ。初めて行ったのがいつ?ぶりに、寄席に行った。時間があったので、前座からトリまでじっくり見てきました。芝居より、ゆるい感じが好きです。はまりそう。飲み食いもOKだし、気楽でいいなぁと実感。メモとってるお客さんが何人かいて、ちょっとフシギだった。「笑いの幕の内弁当」って感じで、値段も3,000円くらいと、演劇のチケットを買いなれていると安くも思える。よし、最低でも四季の折々には行こうと決意。

こういうことばっかやってるから、勉強とかしなくなるんですよね。。まぁ楽しいです。

500円積立、どうなっているのか。

ブログのタイトルに「500円から投資中」とうたいながら。そのネタがほとんどないこのブログ。

やってます。500円積立。ただ単に経過どころか、結果すら書いていないだけです。。

SBI証券にログインした結果は、30,000円の積立で、含み益が955円也。

国内株式・債券、外国株式・債券ともにプラスです。まぁ、株価の上下の激しい中、切り取った今日の株価がよかったためです。

投信積立は、マネックス証券セゾン投信でもやってますが、いったん積立をやめたり、毎月の積立額を減らしてもいます。ここひと月くらいで一部解約もして、現金化もしてます。

ニュースを見ている限りでは、もう天井じゃなかろうか、と思っているからです。でも、上下が激しくて、上がったときの動揺と、下がったときの焦りが半端ない。。

現物株も、手じまいしつつ、ちょっと買い増ししたり、ズルズルしています。

保有銘柄は4銘柄ですが、複数単元で持っている株もあり、リスク管理の点で注意が必要です。っていうか、現在、現物株はトータルで含み損になっています(汗

ナンピンすかんぴんという言葉を思い出したり、塩漬け、という言葉もたまに頭をよぎりもします。

一応、4つとも「財務状態はいい!」「成長・安定している!(と私は信じている)」点では、心配はない(はず)ですが。。

盲点というか、心理的にモヤモヤするのは、「売った株が、急に上がった」っていうのが2つの銘柄であって、やはりイラっとします。。「損したわけじゃないから、気にするな!」と自分で自分に言い聞かせて乗り切ってます。

現時点ではプラスが2銘柄、マイナスが2銘柄。1つだけ、超安定している他は、けっこう上下しています。限られた時間で、株価やらニュースやらのチェックをするのも楽しい半分、疲れる半分ってところです。

トータルでいうと、500円積立がホントにラクです。

信用取引をやってないので、借金の心配はないものの、現物はけっこう神経使います。

 

最近、遅ればせながら、小説「火花」を読んだのですが。主人公のお笑いコンビ名「スパークス」という単語を見て、投資信託のことが真っ先に頭に浮かんだ私。。(少しですがスパークス日本株投信で去年もうけました)

同世代の人間でも、こうして結果を出す人ってすごいよなぁと実感。芝居を下北で見ると、ヴィレッジヴァンガードで本を立ち読みすることが多いので、そこで又吉直樹さんの本が目についた。芥川賞とはいえ、書き手は吉本の芸人さんだし、と手に取っていなかったことが浅かったよ自分。解散ライブのシーンを電車の中で読んでいたので、泣きそうになってしまった。。

ついでに言うと、ヴィレッジヴァンガードって株主優待で、おすすめの銘柄によく上がるんです。家の近所にあれば、100株ほしいところですが。下北のお店しか行かないし。今は割安でもないし。。

せっかく読書の出会いを綴ろうとしたのに、株の話にもどっていました。GW、どうせ人手が多いので、出かける意欲もあまりないです。ただ祝日なので、株式市場がお休みなのが、正直安心です。いや、休みじゃなかったら、、ハマりそうで。。

株と趣味に揺れる4月、揺れすぎ。

今週、手持ちの株と投信の銘柄を半分にしました。

個人的に、「そろそろ手じまったほうがよくね?」という考えからです。

とは言うものの、含み損のある銘柄は、まだ(意地で?)持っているので、結果として含み損のある銘柄だらけです。あ、もちろん500円積立はそのまま続けています。

そして、なんと誤発注もやらかしました。「売り」「買い」のボタン押し間違え。100株持ってる銘柄を、いったん売ろうとしたら、、瞬間で200株になっていました。高値で売りに出したので、成行の買い注文となってしまったのですね。。そしてその株は含み損となり、今後の取り扱いの悩みのタネになっています。

その取引をしようとしたとき、なんか焦っていたんですよね、バカです。。言い訳というか救いは、値動き・出来高ともに、それなりにあるテーマ株なので、どこかて吹いてくれるのを待って何とかしたいです。業績や財務状況も悪い企業じゃないし。。

売った株ですが、「日経平均全体が暴落したら、釣られて下がる感じがするなぁ」という基準です。手数料込みで、ギリギリでマイナスにならない額で売った株もあります。優待ある株も「確定月の3月まで待っても、優待額より値下がってもなぁ」と決断して売ったりしました。

約1年で、14銘柄の売り買いをし、半年以上も持っている株は2銘柄。長期投資家を目指したつもりが、かなり売買してます。2銘柄のうち、1つは長期保有の覚悟まんまんです。っていうか、今持っている株の中で、トータルで含み益を確保している柱の株ですが(笑 利回りがいいし、財務状況もいい、値動きも一時期上がって、今は一番いいときから2割下がったものの、そこからあまり動かない。

長期のつもりで他に2銘柄あったのですが、1つは高騰しすぎて、その後の落ち込みがデカくて売り。もう1つも、かなりトントンと上がったあと、ズルズル下がり、下がるペースが止まらない。片方は、前者は今も下がっていて、もう片方は、やや持ち直しています。この辺の売りの判断は難しいところですホント。

 当然、証券口座の現金残高が、ややふくれていて、いったん銀行口座に戻すか、次のチャンスに備えて、そのままにするか、さぁどうしたものか。誤発注やらかしたこともあって、一抹の不安があるんです。

 

株に一喜一憂しながら、予定をやりくりして、平日夜、「落語となにか・・・」をスズナリで観賞。なんか、こういう夜があるから、生きててよかったよかったと感じました。

笑点」を日曜の夜に見ているだけでは、味わえないあの空気。

昇太さんの「生きてる中で、色んな選択をしていると思いますが、選択に間違いがあることはなくて、その選択の後にどう行動するかが大事なんです」(記憶に頼って書いているんで、主旨だけは合っていると思う。。)なんて意味の言葉が妙にというか強く刺さった。だいたいスズナリの芝居のセットの中で、落語と何かを見れるシアワセ。歌まで飛び出し、気が付けば21時を回っていた。

「恍惚のブルース」「ガソリンとマッチ」「ディーゼル」この辺の選曲もジンときた。これは、舞台「ザ・フルーツ」で胸打たれた思い出も再現。

ちなみに、ふとうちに帰って、ふと引っかかるものがあって、本棚に並ぶ、昔の古い劇団の解散記念パンフを見たら、好きだった役者さんの「アンコールで歌いたい曲」に「恍惚のブルース」の曲名が。狙いましたね?と信じたい。

4~5月とほぼ毎週、芝居やらコンサートやら。平日夜は株チェック、休日は趣味。多忙です。

含み損を抱えた300株と誤発注で現金になったはずが200株になってしまった株の今後がちょっと気がかりです。どちらも「テーマ株」なので、何かのニュースで動かないかな、、と一縷の望みを持っています。さぁ来週の株やいかに。

迷走の株。週末の観劇で心洗われた今、来週の相場次第では投げ売りいきますか?

前回の記事から。ちょっと投資の動きが荒めです。

気になっていた株の好決算ニュースを見て、かなり高い額で買ってしまったり。

500円積立以外の投信積立を、絞って解約を増やして。ついに、セゾン投信とひふみプラスだけにしたり。

ひと波乱ありそうな、状況のなかで、ジタバタしています。

金価格がついに5000円台に戻り。為替は現時点では大きく動いていませんが。今週はなんか怖い。含み益から一転、含み損になった株も出てしまい、どうしたものやら。

 

週末は、トム・プロジェクトの「砦」を観劇。

カネとか、瑣末な日常のことにとらわれて、足元がぐらついている心にくさびを打ち込まれた気分。

故郷、夫婦の愛。。重いテーマなんだけど、クスっと笑える場面あり、でも泣けてしまう場面たくさんあり。まぁ、主演の村井さんが素敵ですばらしくかっこよかった。ドラマで見かけて、かっこいい役者さんと思って、10年どころじゃない。気になった作品や役者さんは、機会があれば実際に舞台に足を運ぶに限る。

好きな劇団、桟敷童子とチョコレートケーキの役者さんがミックスされれば、行くでしょう、と当然の様にチケットを買ったのが、2月。その後、他にも何度か舞台に足を運んでいて、気がついたら上演日。舞台ざんまい。シアターXは、はじめて行った。都内も劇場がいっぱいありますからね。。

自分の信念に基づいて、生きることへのエネルギーを注ぐ。そんな実は当たり前のことを忘れて、流されるように生きている日々に、待ったがかかる。

株式市場の行方と、生き方の行方。

どっちが大事か?答えは出ているのに、煩悩まみれの私。

さっき、何となく、見続けている大河ドラマを今週もしっかり見て。面白いんだけど、ある種の「偏り」を感じてしまう。NHKだから、そりゃそうなんだけど。「仲間」とか「国」だとか、手放しの礼賛に、「うーん、これは、「こういう物語」として見ないと、変にハマるといやだなぁ」と強く感慨をいだく。なんせ、役者さんはもちろん、セットや小道具など大河ドラマだけあって、豪華だから、見るのをやめるのも惜しい。小劇場系の役者さんを、タイトルロールで辿る楽しみもあって、絶対に見るのをやめられないのが痛い。

テレビなんていらない、と強く思いながら、日曜日のテレビ率が一番高い。笑点大河ドラマ、プログラム次第ではEテレクラシック音楽館。先週は、ローカルの浅草寄席の中継まで見てしまった。。

平日の深夜に、吉本新喜劇を見てしまったり(笑 テレビに今さら夢中になる年頃でもないのに。。

最近見たニュースで。気になったのは、震度6で危険かもしれない建物に、新宿の紀伊國屋ビルがあったこと。ひえ~、紀伊國屋ホール大好き(1年以上行ってないけど。サザンシアターの方に、見たい演目があったので)で、今年は行くつもり満々の身としては。耐震補強の線で行って欲しいです。地下から、ほわんと立ち上るカレーの匂い。1階から2階へのエスカレーター。あの風景はなくさないでほしい。

さぁ、明日からのニュースは。株関係で、しっちゃかめっちゃか、顔色変わりまくりになるのかなぁ。。投げ売りとかはないと思ってますが。。不安な銘柄に限って、300株持ってたりして、慎重に考えないとまずいです。買い増したときは「行ける!」って強気だったのが今や。自己資本率いいので、最悪、塩漬けでもいいんだけど。。迷える状態です。

蓋を開けてみないとわからない。明日の昼頃、市場のサイトにログインするのにドキドキものです。ちぇすと!きばれ!っても、きばってどーなるもんじゃないし。

持ち続ける株と売りたい株を選んでます。

米中の貿易をめぐるケンカと国内のモリカケはじめとしたゴタゴタの中で。

「いよいよ日本株、だいじょうぶ?」とハラハラしています。

昨日、さらに保有銘柄を1つ売却。3万台で買った銘柄で、2倍まで待ちたかったものの4万台で売りました。

保有している現物株は7銘柄になりました。

で、さらに3銘柄の売りを考えてます。

3つを選んだ理由は。

「これから暴落モードになったら、一緒に絶対下がりそう」

「含み益があるうちに(1つの銘柄は、少し損を抱えてますが)一度売りたい」

株主優待もない」

そんなところです。

意外にも投資の中で、買うときに重要視してなかった株主優待の有無が今になってきになってます。

残す予定の4銘柄のうち、優待アリは2つ。どちらも、業種とか長い目で見たら、持っておいてもいいかな、って思うのが1番ですが。

3月まで持ってれば、クオカードとカタログギフトがもらえるんだよな、、と名残惜しさというか楽しみもあって、ホールドの予感。

 

ちなみに売った株と売る予定の株でも、優待ある銘柄もありますが。

どちらも「500株以上」の制限付きで、300株持ってる・持っていて(偶然2銘柄とも)、買い増すより手放す方を選びました。

吉と出るか、凶と出るか。。

来週、売りたい株は、朝までに指値を決めないと。

 

ちなみに、この1年で売った株で、さらに値上がって一番「しまった~!」と思ったのが4344。一度下がったら、再挑戦したいものです。特打とか、ゲームソフトでお世話になったこともあったし。

 

新年度、何も面白くもない生活で。久々に寝る前に読書の昨夜。

4年前に買って、一気読みした、Sキングの小説「アンダー・ザ・ドーム」を読み返し。

疲れた心境のときは、つらい系の小説のつらいシチュエーションを読むのが好きです。